2017年06月12日

クルマの燃費計

技術の進歩は目覚ましい。ことに人工知能の技術など。

10年ほど前に買ったプリウスのときはナビの目的地を音声入力できる機能があったのだが、使ってみるとまともに入力できたことがなかった。ところが、先日新調したスマホの検索機能ではかなり複雑な言葉もちゃんと目的のとおりに働いてくれる。
これもAI技術の進歩だと実感している。

クルマの方ではさらに進んで自動運転の実現も近そうになってきている。昨今の高齢者ドライバーによる事故のニュースを聞くたび、早くこの技術の完成への期待が深まる。

さて、本題。
最近のクルマでは燃費計のついている車種が多くなったようである。

2017_06102017-210028.jpg
マイカーの燃費標示  AVG.A 19.6km/l がトリップメーターリセット後の燃費
その下は走行中の瞬間燃費を緑の棒グラフで示すようになっています。


燃費の算出にはクルマの走行距離とガソリンの消費量が必要になる。走行距離は距離メーターから簡単に知ることができるのだが、ガソリンの噴射量はどのように計っているのだろうか?
初代プリウスのころからそんな疑問が湧いており、今回、勝手に推測することにした。

ことの始めはガソリン使用料を計るのにはどのような流量計が使われているか?という疑問。
ガソリンのような液体の流量を測定するとしたらそれなりに高価な計器が必要になると思われる。
一般的には電磁流量計とかローターメーターなど。身近なものでは水道メーターのようなもあるが測定結果を電気信号に変えるには簡単には行かないように思われる。
ハテナ???のギモンが募るばかり。


そして出て来た結論が・・・
最近のクルマではガソリンの供給は定容積型のギアポンプを使用しており、流量計は使用していないのではないか、、、

この形式のポンプを使えば、アクセルの踏み具合を電気信号に変え、それによってギアポンプの回転数を調節する。そうすればポンプの回転数で吐出量が決まり、わざわざ流量を計らなくてもポンプの性能から流量が分かる。

参考までに定量吐出ポンプの詳細はこちら。

       定量ポンプの構造
     ベーンポンプ、ピストンポンプなどは安定性 
     などから使用はされていないと思われます。

問題のガソリン流量が分かれば走行距離をガソリン流量で割ってやれば簡単に燃費が分かる訳です。
瞬間燃費の計算はそれぞれを微分などして計算することでしょうがそこはAIの出番。いとも簡単にこなしてくれることでしょう。


以上、シロウトの推測ですので間違いかも知れませんが、自分ではこれで納得。長年のギモンに終止符を打つことが出来ました。

この燃費の数字ですがガソリンを給油した時に計算した燃費と比べると5%ほど良く出るようです。


より適切な、より正しいイマドキの技術などありましたら、お教え願いたいものです。


posted by オンシュガー at 09:03| Comment(0) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

この季節恒例の仙谷から氷ノ山

我がグループの恒例行事となっている仙谷コースから氷ノ山でした。
  <思いがけず、みたらしの池にも行くことが出来ました>

2017_06102017-210007.jpg
念願のサンカヨウにも出会えました



6月10日(土)    天候  くもり

メンバー    山ちゃん、N&nさん、端人・端っ子さん、会長さまと7人

概略ルート

      アルパインヒュッテ下の駐車場から仙谷を上がり氷ノ山、三の丸を経て
      わかさ氷ノ山スキー場へ下りるルートです。


   
8:45 スタート

     アルパインヒュッテ横、スキー場を仙谷の入り口へ
2017_06102017-210001.jpg

2017_06102017-210002.jpg
仙谷登山道


2017_06102017-210003.jpg 2017_06102017-210004.jpg
大ブナ、大トチを見ながら仙谷をつめます

2017_06102017-210005.jpg
サンカヨウにもたくさん出合えました

2017_06102017-210008.jpg
急坂を上がれば

10:05 いつもの休憩場所の支尾根に到着です。

      スズコも取りながら、

10:35 氷の越えから来る主尾根の合流点に来ました。

      山頂から下りてくる高校生の大集団にビックリ。
2017_06102017-210009.jpg
譲り、譲られ、とにかく上を目指します

      高校生の大集団が終わったところで山頂小屋が見えました。(11:00)
2017_06102017-210010.jpg
               

11:10  一等三角点、氷ノ山です。

2017_06102017-210012.jpg 2017_06102017-210013.jpg
                                 新鮮そのもの、焼きスズコを楽しみました

    なぜか今日は会長さまの号令なしで各自お昼タイム。霞んでいて扇ノ山もうっすらです。
    
         昼食後、団長様の様子が、、、。軽いめまいとのことで、頂上小屋の中で少し安静に。
         その間を利用して他のメンバーは「みたらしの池」に行って来ました。

      激ヤブを下りた所には、
2017_06102017-210014.jpg 2017_06102017-210015.jpg

2017_06102017-210019.jpg 2017_06102017-210018.jpg
   まるでミニ玄武洞のよう                  ようやくたどり着いたという満足そうなおカオ

    
     

     山頂に戻ると団長さまの体調も良さそうで、下山にかかります。

12:50 神戸からの小学生で賑わう山頂を後にします。

2017_06102017-210022.jpg

13:40 三の丸到着。

2017_06102017-210023.jpg


     スズコを取りながら、

     殿下コース分岐を右に。

14:30 リフトトップに来ました。
2017_06102017-210024.jpg


      今日はワサビ谷には向かわず、スキー場を下りました。

2017_06102017-210025.jpg 2017_06102017-210026.jpg
                                鳥取県の標示は氷ノ山ではなく須賀ノ山となります


   アスファルトの林道歩きを約10分、

14:25 駐車場に戻って来ました。  

      反省会の楽しい時間がゆっくり流れてゆきます。
      皆さま、健康的な一日を今日もありがとうございました。

       本日の歩きはみたらしの池往復の入れて約9qでした。

  
posted by オンシュガー at 22:56| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月06日

ヤマアジサイ

6月の花といえばアジサイ。梅雨の季節に最も似合う花です。


いただいて10年あまりになるヤマアジサイがカフェの裏庭で咲き始めました。
よく見かけるアジサイの華やかさはありませんが、小ぶりな姿には気品のようなものが感じられます。
ヤマアジサイにもいろんな種類があるようですが、これは小さな顎が2段になっていて薄紫がとっても可愛らしい。


2017_06062017-210006-a.JPG

2017_06062017-210014-a.JPG

IMGP3901-a.JPG


もう2、3日すると紫色が濃くなってきます。

あと1週間ほどで梅雨に入るようです。



posted by オンシュガー at 16:44| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月03日

佐用町水根から檀の平を周回

兵庫の尾根歩きシリーズ。われらの団長、山ちゃんが選んだのは佐用町にある檀の平(621m)です。


6月3日(土)    天候   はれ

メンバー   山ちゃん、N&nさん、端人・端っ子さん、姫路のH&Iさん、会長さまと9人

概略ルート

         檀の平ルート図
     兵庫県佐用町から鳥取・智頭を結ぶR373。平福から少し北に進み、石井郵便局のある青木の分岐を東に
     入ります。分岐から1.5qほど入った羽蔵集落道路端の広場に駐車し、尾根に取り付きます。
     尾根を外さないよう、時計回りにめぐるルートで駐車地点に戻るルートです。
     


8:30 さわやかなお天気です。準備をしてスタート。DSCF3128.jpg

    山荘風の空き家の西から尾根に取り付きます。
    先ずは道のない急坂を細い木や笹を掴みながら。
    
    今後のヤブこぎの前兆なのでしょうか。
      「一張羅のシャツを着てくるんじゃなかった」との
       声も。 


           稜線に上がると歩きやすい尾根となりました。
     右手に人工林、左手に自然林を見ながら進むと、
  
DSCF3129.jpg
だんだん雰囲気が良くなってきます

9:25 標高494mのピークへ。

     その後も小さなアップダウンを繰り返しながら稜線歩きは続きます。
DSCF3130.jpg DSCF3131.jpg


    P553へは縦走路から左に折れ、

10:15 P553に到着。

DSCF3132.jpg
ここは展望はありません。大休止をして10:25出発

     再び縦走路に戻り、両側に自然林を見て時計回りに進みます。

10:50 明るい見開き地に出ましたのでここでお昼にします。

DSCF3136.jpg
食後のデザート代わりのプルルンゼリーなどをいただきました

     さくらんぼの小さな実やウリハダカエデの花の解説を受け、ゆっくりとした時間を
     楽しみます。 



    昼食後も極楽尾根が続きます。

DSCF3137.jpg


     しかし、こんな所もアリマス。
DSCF3138.jpg
倒木やアセビに道を阻まれ・・・

      檀の平へは縦走路から左にはずれます。

12:10 アセビや雑木に囲まれた檀の平に着きました。

DSCF3141.jpg
三等三角点、点名「海内(みうち)」です
055.jpg
全員集合!  (山ちゃん写真館提供)

      縦走路に戻ったところでIさんから冷たいコーヒーゼリーを頂きました。

    
      稜線を外さないよう注意しながら最後の下りです。

DSCF3142.jpg

12:50 地図上の破線の林道に下りました。  


        DSCF3144.jpg
            峠のお地蔵様です

     荒れた林道を慎重に下り、15分ほどで明るい草地になった畑に出ました。
DSCF3145.jpg

    水根の集落は現在2戸だけの住民となっているそうです。
    空き家の横を通り、旧石井村役場の碑を見て進めば、

DSCF3146.jpg
13:15 駐車地に戻って来ました。

     木陰での反省会も楽しいおしゃべり
     と和風ゼリー、フルーツ、たくさん
     のお菓子。みなさん、ありがとう
     ございました。


  
     本日の歩きは約7qでした。




posted by オンシュガー at 20:37| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月30日

乱舞


自宅から歩いて5分ほどの菅生川支流はホタルの名所。
毎年この時期になると近くの宿泊施設のお客さんがホタル見物にマイクロバスでやってきます。


6月朔日ごろを目安にしていましたが、今日の夕食後に見に行って来ました。

たくさん出ています。

写真に挑戦。 初めISOを400くらいで試しましたが、うまくゆきません。1600から6400にして
撮ったものがこれ。

IMGP3861-a.jpg

IMGP3862-a.jpg

IMGP3864-a.jpg


   実際の乱舞・・・とはゆきませんが、これも経験。
   いつかちゃんとした乱舞を撮りたいものです。


posted by オンシュガー at 21:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする