2017年12月09日

妙見山で忘年登山

今年もこの時期がやってきました。いつも満腹になる忘年登山会です。
山ちゃんグループ全員が集まりました。

12月9日(土)     天候    はれ

メンバー     全員集合の10人

概略ルート

     牧野大池駐車場から時計回りに周回です。



8:55 全員集合してスタートです。

    長い水平道を歩き、東山登山口を目指します。広い林道ですがジャケツイバラのとげに
    邪魔されたり、ツルウメモドキやマンリョウの赤い実を楽しみながら。

9:40 東山登山口へ。
2017_12092017-210002.jpg

      1合目、3合目の標識を見て進めば、

10:45 七合目の標識へ。

    このあたりから今朝降った雪が出てきます。
2017_12092017-210005.jpg

      頭上の木に積もった雪が解け、しずくが落ちてきますのでザックカバーと雨具を   
      付けました。

2017_12092017-210006.jpg


   
11:15 妙見山頂上に到着。

2017_12092017-210007.jpg 2017_12092017-210008.jpg

       谷の向こうの千が峰や笠形山の頂上は雲がかかって見えません。
       いつもなら昼食タイムですが今日は下山後の鍋が待っているので大休止だけで
       下山にかかります。

      
       牧野側のルートにはまだ雪が残っていました。

2017_12092017-210010.jpg

      滑りやすい急坂を注意しながら下り、

11:50 牧野ルート7合目。

2017_12092017-210011.jpg

     
       ツバキの林を抜け、
2017_12092017-210012.jpg 2017_12092017-210013.jpg
                             3合目には12:20


12:35 牧野ルート登山口に下りてきました。

      本日の歩行距離は約7.2q、みなさんお疲れさま。

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

駐車地に戻ってお楽しみの忘年鍋の会の始まりはじまり。

  まずはやわらか、ふわとろのタコ焼き。
2017_12092017-210015.jpg 2017_12092017-210016.jpg

  
      そしてこちらは凝った手づくりクッキー。コメントも面白い。
2017_12092017-210017.jpg 2017_12092017-210018.jpg
   食べるのが惜しいような・・・                   でも食べました。


      そしてメインの塩麹なべ。

2017_12092017-210020.jpg
材料持ちよりで、美味しくいただきました。

   お腹いっぱい、たくさんあった鍋もちょうど完食。たこ焼きはいくつ食べたのでしょうか?
   数えきれません。

2017_12092017-210019.jpg

   最後はコーヒー、クリスマス菓子のシュ
   トーレン、フルーツも頂きました。

   よく食べ、よくしゃべり、よく笑って最高
   の忘年登山会となりました。
   これで来年の元気も保証されたようなもの
   です。

   皆さま本当にありがとうございました。



posted by オンシュガー at 22:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

玄武洞と植村直己冒険館

年末1泊登山の2日目はまず、玄武洞へ。

ワタクシは兵庫県に住んでいながらまだ訪れたことがありません。

円山川を渡り、対岸へ。駐車場から少し徒歩で上がると、そこは青龍洞。

2017_12082017-210019.jpg

2017_12082017-210020.jpg

2017_12082017-210021.jpg


青龍の次は玄武洞

2017_12082017-210022.jpg


     1925年の大地震で崩れるまえの写真がありました。

2017_12082017-210023.jpg


   白虎洞と朱雀洞のスケールは少し小さめ。

   大地の息遣いが感じられる素晴らしいところでした。


   本日の一枚。

2017_12082017-210029.jpg
紅葉と玄武洞です



 このあと日高町にある植村直己冒険館に寄って帰りました。

2017_12082017-210033.jpg
クレバスをイメージした入り口です。


    〇〇家と呼ばれることを嫌った植村直己の人となりを勉強してきました。


posted by オンシュガー at 22:12| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月07日

来日岳と城崎温泉

2017年の年末一泊登山は来日岳(567m)と城崎温泉でした。

12月7日(木)     天候 快晴

メンバー   西日本カーネルクラブの6人

ルート 
  円山川沿いの県道わき登山口から304mピークを越え、来日岳頂上へ。帰りも同じルートをとる
  ピストンです。
  (現在河川修理工事のため県道わきの山陰線ガードが通行止めとなっているため大きく南西側に迂回する
   必要があります。) 


9:50  県道3号の道路のふくらんだところに駐車し登山口まで長い距離を歩きます。

10:35 ようやく正規登山口
2017_12082017-210001.jpg

      304mピークまでは急な上りが続きます。

11:15 天望との標識のある展望地に来ました。

2017_12082017-210003.jpg 2017_12082017-210002.jpg
  展望ではなく天望です                豊岡方面の展望、円山川が光っています

11:30 304mピークに到着

2017_12082017-210004.jpg


     一旦下って、来日岳へも急斜面が続きます。

     うっすらと雪も残っていました。
2017_12082017-210008.jpg


12:50 来日岳頂上に。

    本日は快晴、気持ちの良い頂上です。
2017_12082017-210011.jpg
南方面

2017_12082017-210010.jpg
北の日和山方面です


      暖かい陽を浴びて昼食。山座同定も楽しみです。

13:20 下山開始

14:15 304mピーク

15:05 登山口に戻って来ました。
     
2017_12082017-210015.jpg




     帰りも長い県道歩き。15:45に駐車地点へ。
     
     県道歩きの約4qを含めて本日の歩きは約10kmでした。このコースは急坂が多く、
     コースタイムどおりには歩けませんでした。


     このあと城崎温泉へ。
        
     旅館では、
2017_12082017-210017.jpg
とりあええず乾杯です

      よく食べ、よくしゃべり楽しい夜は更けてゆきました。



posted by オンシュガー at 21:44| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

ワーグナー やさしい夕べの星よ ピアノ版

昨日のオッフェンバックに続きワーグナーの歌劇からアリアを押売りです。

以前ジョン・ベイレスが演奏するプッチーニのアリアを押売りしましたが、今回は別のピアニストのものです。

歌劇タンホイザーはリヒャルト・ワーグナー(1813-1883)の代表作です。男女の愛を題材にした長大なストーリーの中で歌われる「やさしい夕べの星よ」は騎士タンホイザーの罪の赦しを神に乞う恋人エリザベトが歌うアリアです。

先ずはお聞きください。

          

   なかなか感情のこもったピアノ演奏ですね。



歌劇タンホイザーの序曲は演奏会などでそれ単独でも良く取り上げられる名曲です。静かな序奏から徐々に盛り上がって行く曲の進行はそれはそれはドラマチックで、ワタクシがクラシック音楽を好きになるきっかけの音楽でもありました。
もし、時間があればこちらもどうぞ。
 短めの演奏のものを選びましたが、それでも15分ほどかかります。

          

             ローマ法王のご臨席下、大勢の聴衆の前での演奏です。



posted by オンシュガー at 19:28| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

オッフェンバックのジャクリーヌの涙

今回の名曲押売り本舗は単品での押売りです。

ジャック・オッフェンバック(1819-1880)はフランスで活躍した作曲家。
代表作には「天国と地獄」や「ホフマン物語」などがあり、オペレッタ作家として知られていますね。
ところが、自身は名チェリストであったようでチェロの名曲を残しました。
それが今回お届けする「ジャクリーヌの涙」です。

あの運動会のBGMで良く聞く底抜けに明るい「天国と地獄」からは想像もできない、哀愁漂うチェロの音色を一度聞いてみて下さい。

演奏しているのは若くして病気のため亡くなったジャクリーヌ・デュ・プレ(1945-1987)です。

          


ジャクリーヌ・デュ・プレは16才で衝撃的なデビューをした後、28才の時にはすでに多発的硬化症という病気のため演奏活動が出来なくなっていました。
彼女の生涯は映画にもなりましたのでご記憶の方も多いかと思います。



posted by オンシュガー at 20:39| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする