2017年06月23日

霧島栂のテーブル


カフェに来てくださるお客様から座敷机を作ってほしいとのお話がありました。

いろいろお話を聞き、思いついたのが霧島栂(ツガ)の材料。
まだ世の中が20世紀だったころ仕入れていた巾50pあまり、長さ4mの木目のいい宮崎産のものです。 (4mの長さでは保管できませんので2mに切断しておりました)

栂は関西では「栂普請」といって大変喜ばれていた高級材料です。

次の日、工房で実際の材料を見ていただくと気に入っていただき、製作にとりかかることになりました。

まだ、荒木取りの状態。このまま3週間ほど寝かせて2枚の板をはぎ合わせ、巾90pあまりにします。

P6220016.jpg

P6220018.jpg


  板の反り、たわみもほとんどありませんので3尺X6尺の良い座敷机になることと思います。



posted by オンシュガー at 10:29| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

これは甘茶になります


ようやく梅雨らしくなりました。

甘茶の花も元気になりました。
やはりアジサイの仲間には雨が一番なようです。

2017_06222017-210024-b.JPG
甘茶はヤマアジサイの仲間になるそうです。アジサイの葉には毒がありますが、
この甘茶は若葉をお茶のようにして、灌仏会に使われるのは有名。   
子供のころ、いただいたことがありますがあまりおいしくなかった思い出。   


2017_06222017-210031-a.JPG

2017_06222017-210005-a.JPG
アジサイより葉っぱが細くてスマートなのです。



posted by オンシュガー at 17:10| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

能郷白山 2017

カーネル登山、プラスアルファの山、能郷白山です。

前回来たのは09年の9月のことでしたのでほぼ8年ぶり。


6月18日(日)    天候 くもり

メンバー     N&nさん、会長さまと4人

概略ルート

        能郷白山2017 ルート図
        国道157号の温見峠からピストンする
        一般ルートです。

7:10 麻那姫湖旅行村から40分ほど、7時ころ温見峠に着きました。
    すでにたくさんの車が駐車しています。
    準備をしてスタート。

    道路端の登山口から1段上がればそこはもう雰囲気の良いブナの登山道。

DSCF3265.jpg

  
     サラサドウダンが登山者を迎えてくれます。
DSCF3266.jpg DSCF3268.jpg


7:40 入り口から500mの標識板。 急な登りが続きます。

DSCF3267.jpg


DSCF3269.jpg DSCF3270.jpg
  ユキザサの白い花も疲れを癒してくれますが、


8:35 初めのピーク(1492m)まではゲキ坂が続きます。

DSCF3272.jpg DSCF3281.jpg
 ゲキ坂が終わり、ホットします                 木に下げられたコース図 200歩刻みにガイド


    臥龍のダケカンバを過ぎると正面に頂上が見えます。

DSCF3273.jpg
前のお二人さんはトレランのように早い


9:10 能郷白山頂上に到着。

DSCF3275.jpg DSCF3274.jpg
                                白山方面は少しガス。ぼんやりと白山の姿がありました。


      記念写真だけ撮り、奥の院(白山権現社)へ行きます。

      まだ雪渓が残っており、カタクリの花もたくさん。

DSCF3276.jpg DSCF3278.jpg 


      頂上から300mほどで奥の院
DSCF3279.jpg


      ここには山座同定板もあり、冠山、蕎麦粒山などを確認しました。

      奥の院の陰で風をよけてコーヒータイム。

9:40 下山にかかります。


    臥龍ダケカンバのところで早めの昼食。
DSCF3283.jpg

10:40 1492mピークに戻って来ました。


      ゲキ下りに注意しながら、





             11:15 あと500mの表示板へ →




DSCF3286.jpg
ここまで来れば登山口は近い


11:35 お疲れ様、国道の登山口です。

DSCF3289.jpg


      本日の歩きは 約5q。 短いのですが最初のピークまでの上りはかなりのゲキ坂
      です。

   晴れていれば遠く北アルプスの槍、穂高まで見えるという山ですが、今日は白山がギリギリ
   といったところでした。


プラスアルファの山まで楽しんだ今回のカーネルの旅、Nさんたちはもう一山を計画されているので、ここでお別れ、ワタクシたちは福井ICから高速に乗り、ゆっくり帰りました。



posted by オンシュガー at 22:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

経ヶ岳 2017

花を訪ねる山旅、第二日は経ヶ岳です。

7年前に初めて経ヶ岳を登った時、杓子岳から中岳にかけて満開のササユリ街道に感動したことがありましたのでN&nさんを誘ってもう一度挑戦しましたが・・・


6月17日(土)    天候  快晴

メンバー     N&nさん、会長さまと4人

概略ルート

     法恩寺広域林道を駆け上がった展望広場の駐車場
     から経ヶ岳をピストンする一般ルートです。 

7:00 前日のカーネル場所、「禅の里」から車で約1時間、展望広場に着きました。
DSCF3234.jpg


     駐車場には大阪ナンバーの車が1台。 出発準備をしてスタートです。

DSCF3237.jpg
7:15 ここが経ヶ岳登山口

7:50 アダムとイブの木へ。
DSCF3238.jpg


8:20 約1時間で保月山。
     ここまでは林間コース。
     ここから杓子岳までは岩場、木のハシゴ、大ブナなどが出て来て変化が楽しめます。

DSCF3241.jpg
岩場からは朝日を浴びた荒島岳の勇姿が、、 (8:30)

    岩場から10分ほどで前方正面に経ヶ岳が見えてきました。
DSCF3242.jpg


DSCF3243.jpg DSCF3244.jpg
  杓子岳手前の大岩                      ホウの花もありました

9:10 登山口から約2時間で杓子岳に到着です。

DSCF3245.jpg


     ここから中岳まではススキの登山道。
DSCF3246.jpg
このあたりでササユリ街道になるはずだったのですが、蕾がチラホラだけ。


     代わりに見つけたのは
DSCF3247.jpg DSCF3248.jpg
  ミツバオウレンと                  これはコイワカガミでしょうか?


9:45 中岳です。

DSCF3250.jpg DSCF3251.jpg
  中岳の表示板                     中岳からは一旦大下りがあります。


     大下りの後の上りはキツイ。おまけに丁度今日は笹刈りの日でした。切られたばかりの
     笹が急な登山道を覆っていて歩きにくいことこの上無し。

10:45 苦労の甲斐あって頂上へ。

DSCF3255.jpg
まずは白山の大展望に感激です


    さすが人気の山、大勢の登山者です。  
    今日も御岳の姿がありました。360°の展望を楽しみ、ゆっくりと昼食タイム
                              (11:30まで)

DSCF3253.jpg
荒島岳の右のピークは能郷白山、実は昨晩急に
第3日目は能郷白山に行くことが決まりました

DSCF3254.jpg
折角ですので白山をバックに記念写真


      下山初めてすぐ、急坂から見る中岳、杓子岳です。左が噴火口あと。そこに丸い溶岩
      ドームに木が茂っているのが分かります。
DSCF3257.jpg


12:20 中岳に戻って来ました。

    杓子岳から保月山の間の長バシゴと溶岩です。
DSCF3259.jpg DSCF3260.jpg


13:35 保月山へ。

DSCF3262.jpg
    保月山から1時間、 

14:35 登山口に戻りました。

   
      DSCF3263.jpg
        駐車場には沢山の車


    駐車した車の陰で反省会。冷たいスポーツドリンクがおいしい。

    本日の歩きは約7qでした。


     急きょ決まった明日の能郷白山登山に備え、大野市内で買出しをして、温見峠への途中に
     ある麻那姫湖青少年旅行村でカーネルです。


posted by オンシュガー at 22:50| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

銀杏峰 2017

花を訪ねる山旅、第一日目は銀杏峰(1440m)。

銀杏峰(げなんぽ)は福井県大野市の南に聳える山、今回のお目当てはオオヤマレンゲです。


6月16日(金)     天候   晴れ

メンバー     N&nさん、会長さまと4人

概略ルート

銀杏峰2017.jpg
1台の車を小葉谷登山口にデポしておき、宝慶寺いこいの森から名松新道で頂上へ。
下山は小葉谷ルートを下ります。                       


8:45 車のデポをして、宝慶寺いこいの森から出発。

DSCF3187.jpg DSCF3186.jpg
  気持ちの良さそうなキャンプ場があります        銀杏峰登山道の案内板

DSCF3188.jpg DSCF3189.jpg
  ここから上がります                 すぐにササユリのお出迎えがありました

9:10 名松新道の標識へ

DSCF3190.jpg DSCF3194.jpg
                                仁王の松には9:55

    ブナの木陰、気持ちの良い登山道が続きます。
DSCF3196.jpg DSCF3198.jpg


DSCF3195.jpg DSCF3204.jpg
  シライトソウや                     オオユキザサを見て

10:40 前山に到着。

DSCF3200.jpg DSCF3199.jpg
                            大野市方面の展望が開けています

     ここから登山道はなだらかになり、
DSCF3205.jpg
11:30 展望地に出ました。隣の山は部子山(1464m)

DSCF3206.jpg
頂上手前の天竺坂を上がれば

11:50 銀杏峰頂上です。

   荒島岳が北東にどっしり、東の方向にはうっすらと御岳の姿も確認できました。

   頂上には地元のグループさん二組がおられ、オオヤマレンゲの場所を教えて下さいました。

DSCF3215.jpg DSCF3213.jpg
  大きなつぼみがありましたが開花はまだのようです。

DSCF3211.jpg

   頂上までほぼ3時間。


              とりあえずの集合写真 →


    そしてお昼タイム。(12:30まで)


    極楽平を下ります。オオヤマレンゲを探し
    ながら歩きますが、見つかりませんでした。

    
    極楽平で見かけた花たち。

DSCF3216.jpg DSCF3218.jpg 

DSCF3220.jpg DSCF3221.jpg

12:50 小葉谷ルートの極楽平入り口標識へ。
DSCF3222.jpg


      小葉谷ルートはゲキ坂続き。

DSCF3223.jpg DSCF3225.jpg

DSCF3226.jpg
13:50  標高1100mのブナの木に到着

  20分ほどさらに下れば、鉱山跡の石垣へ。

DSCF3227.jpg DSCF3228.jpg


14:30 木の鳥居がある小葉谷ルートの登山口に下りました。

DSCF3232.jpg


     デポしておいた車で登山口のいこいの森駐車場に下ります。


     宝慶寺いこいの森駐車場で反省会をしていると頂上で一緒だった二人組の方も下山して
     こられましたので一緒に。登山談義で盛り上がりました。

     本日の歩きは約7q。距離の割に歩きごたえタップリです。



    今晩のお泊りは道の駅「禅の里」 新しい道の駅です。


posted by オンシュガー at 23:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする