2017年08月23日

線の意味を考えさせるモノサシ

小学校の頃の運動会で引かれていた石灰の白線、鉄道の線路のレール。
小さいころから慣れ親しんだ線には巾があった。

ノートに書かれた鉛筆の線にも細いながら巾というものがある。

それはそれで良かった。

ところが線の持つ意味を考えさせるモノが出現した。

コクヨが発売している「本当の定規」というモノ。

2017_08232017-210001-a.jpg



ちなみにこれが今までの定規。

2017_08232017-210002.jpg

太さのある線で目盛りが打ってあるのを何の疑問もなく使っていましたが、本来定規は巾のある線では正確な長さが表せないのです。

広辞苑によれば、「線」とは
 A 点の移動や面の交差によって生じ、位置および長さをもつが、巾および厚さを持たない。
とある。

ですから、今までの定規を使う人は、刻まれている線の中央を適当に推定して求める長さを計っていたのです。

コクヨの「本当の定規」では黒い部分と何もない部分の境界が従来の定規の線の中央に相当するようにしています。ですから読み取る人は今までのように推定を加える必要がないのです。

ある意味、こだわり過ぎの定規です。しかし、おかげで線というものの意味を考えさせてくれました。

土地の境界線に巾があっては問題がややこしくなります。ウインブルドンでテニスボールが入っているか外に出ているか、チャレンジした時に出てくる画面でも白線の外側がこの場合は本当の「線」となるのです。

天気予報に出てくる前線も異なった性質の大気がぶつかり合う場所ですからそこにも巾はありません。天気図の前線は半円と三角のつながった巾のある帯で描かれていますが、正確にはこれも上の「本当の定規」のように工夫して描かねばならないはずです。

こだわりの定規のことから「線」について考えてみました。

   本当の定規の記事は → http://getnavi.jp/stationery/148804/

posted by オンシュガー at 17:39| Comment(0) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

こんなところにキツネノカミソリ


いつもよく通っている道端にその密生地はありました。

2017_08222017-210013.jpg

2017_08222017-210019.jpg

2017_08222017-210017.jpg

2017_08222017-210004.jpg

2017_08222017-210010.jpg


キツネノカミソリ、秋の訪れを教えてくれる花です。


posted by オンシュガー at 08:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

今年も自然の中のサギソウに!

周囲400mほどの池の水辺にサギソウが咲き乱れています。

2017_08212017-210021-a.jpg

2017_08212017-210028-a.jpg

2017_08212017-210032-a.jpg

2017_08212017-210041-a.jpg

2017_08212017-210046-a.jpg


いつまでも残したい自然です。



posted by オンシュガー at 14:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

バロック in 姫路 2017

例年10月にあるバロック in 姫路が今年は8月になりました。会場のパルナソスホールが10月から工事に入ることが一つの理由かもしれません。

今年は鍵盤奏者の大塚直哉さんのトークと演奏です。

先ず、会場のパルナソスホールの紹介から。

2017_08192017-210002.jpg
席数は約800席。高い天井で良好な音響効果のホールです


こちらは踊り場にあるパルナソス神話に基づくステンドグラスです。

2017_08192017-210006.jpg 2017_08192017-210007.jpg


今日はポジティフオルガンとチェンバロの説明を加えながら大塚さんが演奏して下さいます。

2017_08192017-210012.jpg
開演前のポジティフオルガンとチェンバロ


さて、演奏が始まりました。
モーツァルトのキラキラ星変奏曲ではポジティフオルガンのパイプの種類とストップ弁の使い方で音色の違いがよく分ります。

チェンバロについてもカメラでガチョウの羽根の部分をスクリーンに拡大して説明していただきました。

2017_08192017-210013.jpg
               ポジティフオルガンの内部、パイプの様子です

2017_08192017-210015.jpg 2017_08192017-210016.jpg
 休憩時間に撮った内部の様子です             側面の内側にも木製のパイプが見えます


こちらは舞台正面にあるパルナソスホールのパイプオルガン。

2017_08192017-210018.jpg
本日の出番はありません


とっても幸せな時間が過ごせました。

演奏会が終わって、ロビーでの大塚直哉さん。

2017_08192017-210019.jpg
すてきな演奏会をありがとうございました。


posted by オンシュガー at 18:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

岩井滝へ

今日は少しだけお散歩、岡山県、恩原高原の近くにある岩井滝に行って来ました。



8月14日       天候   くもり

メンバー      会長さまと二人

概略ルート
   岩井滝駐車場への林道が工事のため、正規駐車場手前600mの所に臨時の駐車場が作られて
   います。そこから新しく舗装されたばかりの林道を進み、岩井滝の看板のある入り口から滝
   まで遊歩道を登ります。仮駐車場から片道約1qほどの歩きとなります。
   

   
10:00 駐車場をスタート。

      約20分で岩井滝入り口。
2017_08142017-210041.jpg

  
     ここからは木材チップが敷かれた遊歩道。

     遊歩道の右は岩井滝からの渓流、

2017_08142017-210002.jpg 2017_08142017-210003.jpg

       遊歩道約8分ほどで「日本100名水」の岩井名水。

       岩井名水のすぐ上に岩井滝はありました。

2017_08142017-210009.jpg 2017_08142017-210013.jpg


2017_08142017-210014.jpg

2017_08142017-210020.jpg
モデルさんのような服装の人を入れてパチリ


    ここは珍しい裏見の滝です。

2017_08142017-210028.jpg


2017_08142017-210031.jpg


     なかなか見ごたえがありましたので、最後の一枚。

2017_08142017-210037.jpg

    遠くまで見に来た甲斐がありました。



posted by オンシュガー at 16:22| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする