2017年06月12日

クルマの燃費計

技術の進歩は目覚ましい。ことに人工知能の技術など。

10年ほど前に買ったプリウスのときはナビの目的地を音声入力できる機能があったのだが、使ってみるとまともに入力できたことがなかった。ところが、先日新調したスマホの検索機能ではかなり複雑な言葉もちゃんと目的のとおりに働いてくれる。
これもAI技術の進歩だと実感している。

クルマの方ではさらに進んで自動運転の実現も近そうになってきている。昨今の高齢者ドライバーによる事故のニュースを聞くたび、早くこの技術の完成への期待が深まる。

さて、本題。
最近のクルマでは燃費計のついている車種が多くなったようである。

2017_06102017-210028.jpg
マイカーの燃費標示  AVG.A 19.6km/l がトリップメーターリセット後の燃費
その下は走行中の瞬間燃費を緑の棒グラフで示すようになっています。


燃費の算出にはクルマの走行距離とガソリンの消費量が必要になる。走行距離は距離メーターから簡単に知ることができるのだが、ガソリンの噴射量はどのように計っているのだろうか?
初代プリウスのころからそんな疑問が湧いており、今回、勝手に推測することにした。

ことの始めはガソリン使用料を計るのにはどのような流量計が使われているか?という疑問。
ガソリンのような液体の流量を測定するとしたらそれなりに高価な計器が必要になると思われる。
一般的には電磁流量計とかローターメーターなど。身近なものでは水道メーターのようなもあるが測定結果を電気信号に変えるには簡単には行かないように思われる。
ハテナ???のギモンが募るばかり。


そして出て来た結論が・・・
最近のクルマではガソリンの供給は定容積型のギアポンプを使用しており、流量計は使用していないのではないか、、、

この形式のポンプを使えば、アクセルの踏み具合を電気信号に変え、それによってギアポンプの回転数を調節する。そうすればポンプの回転数で吐出量が決まり、わざわざ流量を計らなくてもポンプの性能から流量が分かる。

参考までに定量吐出ポンプの詳細はこちら。

       定量ポンプの構造
     ベーンポンプ、ピストンポンプなどは安定性 
     などから使用はされていないと思われます。

問題のガソリン流量が分かれば走行距離をガソリン流量で割ってやれば簡単に燃費が分かる訳です。
瞬間燃費の計算はそれぞれを微分などして計算することでしょうがそこはAIの出番。いとも簡単にこなしてくれることでしょう。


以上、シロウトの推測ですので間違いかも知れませんが、自分ではこれで納得。長年のギモンに終止符を打つことが出来ました。

この燃費の数字ですがガソリンを給油した時に計算した燃費と比べると5%ほど良く出るようです。


より適切な、より正しいイマドキの技術などありましたら、お教え願いたいものです。


posted by オンシュガー at 09:03| Comment(0) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

本 オイラーの贈物



「虚数の情緒」の著者、吉田武のもう1冊の本。「オイラーの贈物」を読み始めました。

2017_04112017-210001.jpg


          文庫版 500ページ超、細かい字です。


2017_04112017-210003-2.JPG


とても理解して読み進むことは出来ないと思いますが、「虚数の情緒」の時のように、吉田先生の楽しい寄り道に期待して、一歩を踏み出しました。

第一部 基礎理論 の第一章 パスカルの三角形 から。

  循環小数はすべて分数にして書き表される・・

  例  A=0.3333・・・(無限に続く) は1/3 (3分の1)

   では問題。
     A=0.3636・・(無限に続く)は?
   
    答え 
     両辺を100倍して、
      100A=36.3636・・・
        =36+A
      → 99A =36  となり
        A=36/99  すなわち約分して 4/11 となります。

と、まあこんなふうにして例によって数の概念から入って行きます。
このあたりはまだ理解できますが、このあとどうなりますやら。



posted by オンシュガー at 16:34| Comment(0) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

山本兼一の「夢をまことに」


山本兼一の小説は読みやすく、時代考証や史実の調査がよくされているので好きな部類です。

アマゾンで別の本を探していたところこんな表紙の写真がありました。
2017_03152017-210001.jpg

  ちょんまげをした人が天体望遠鏡を覗いているのではありませんか。
  これは読まないわけにはゆきません。 さっそく購入。

  「夢をまことに」 山本兼一著  文芸春秋社刊 2015年2月発行


時代は世の中が明治に変わる約50年ほど前のこと。近江国友村(今の長浜市)の鉄砲鍛冶、国友一貫斎のもの作りにかけた半生の記録です。

もともと優秀な鉄砲鍛冶であった一貫斎はある訴訟のため江戸へ出ます。好奇心旺盛な彼はそこで多くの技術を学びます。

尾張犬山藩の江戸屋敷で見せられたのがオランダ製の遠眼鏡、テレスコッフ。一度に一貫斎の研究心に火がつきました。

しかし凹面鏡を見るのも初めて、特に反射率の良い、曇らない鏡を作る技術はその頃の日本にはありません。

          --------------------------------------------------

一貫斎が犬山藩に出来上がったテレスコッフを持参したのは15年後のこと。
オランダ製のテレスコッフ以上の出来栄えであった。


          --------------------------------------------------

国友一貫斎の好奇心と技術力はからくり儀衛門こと田中久重へと続き、その後の日本のもの作りの太い根っことなったのです。


山本兼一は単に技術開発だけでなく、その人となりまで含めて国友一貫斎を書き上げました。もの作りに携わる人には必読の書です。


   国友一貫斎については  → https://matome.naver.jp/odai/2141829236516174301

    田中久重については  → https://www.youtube.com/watch?v=lS9zmqxFm2M



posted by オンシュガー at 11:46| Comment(0) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

今年のセンバツは熱くなりそう


今日から3月。今朝の空気は昨日までとはちょっと違い、春の予感。

今月の19日からはセンバツ高校野球がスタートするが、ふるさと岐阜県からは多治見高校が出場するので目が離せない。
何でも、21世紀枠という特別な計らいで出場が決まったそうな。春、夏を通じて初めての出場となった。


自分の出身高校と同じ市内にあった多治見高校は兄の出身校。
この高等学校の校歌については以前このブログに書いたことがある。

  → 「ある校歌への思い入れ 」     http://azaminoyume.seesaa.net/article/370672126.html


隣りの学校の校歌でありながら、実に名曲であった。



その後紆余曲折があって多治見高校は一時期は女子高校に変わっていた。そのためこの古い校歌は今は使われていないかも知れない。

だが、もし甲子園で一勝でもすれば・・・ 、この古い校歌が甲子園に流れるかもしれない。
そんな期待を持って今年のセンバツはふるさとを応援することになりそうである。

DSC00546.jpg



この校歌を歌っていた兄はこの吉報を聞くこともなく1年前にあちらに行ってしまった。残念なかぎりであるが、兄の分まで応援してやろうと思う。


posted by オンシュガー at 08:15| Comment(0) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

火星の夕焼けは青色?


ひいた風邪が悪性だったのか、はたまた体の抵抗力が落ちているのか、しっかり一週間寝込みました。
天井の石膏板の模様を数えたり、CDやMDを聞いてふとんの中で過ごしました。久しぶりに聞いたMDに「ミュージック・リラクゼーション」のシリーズがありまして、その延長の話です。

シークレット・ガーデンが演奏する Moon Gate のテーマに乗って女性アナが

 地球の一日は24時間、火星の一日は地球よりほんの少し長くおよそ24時間と40分。やがてその
 火星の赤い砂丘と青い夕焼けが、私たちと同じ夜空に包まれるまで、音楽を聞きながら瞬く光に
 思いを馳せましょう。

 ・ ・ ・ と語りかける。


火星の夕焼けは青い! 気になっていたこの言葉を確かめてみようと U Tube を調べてみると、
ありました。

NASAの火星探査機がとらえたものです。

          


いかがでしょうか。


   以前押売りしました「Moon Gate」はコチラです。


                        

  

posted by オンシュガー at 16:47| Comment(2) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする