2017年09月09日

皆さんお久しぶりの三室山


いろいろあって久しぶりのグループ山歩きは大通峠からの三室山でした。

集合場所の千種町行者霊水ではながらくのご無沙汰の挨拶から始まり、すぐに笑顔がはじけます。


9月9日(土)   天候  はれ

メンバー   山ちゃん、N&nさん、アイさん、姫路のHさん、会長さまと7人

概略ルート

三室山.jpg
大通峠から時計回りで三室高原に下山するルートです


8:45 三室高原から長い林道を走った標高1000mを越えたところが大通峠。
   ここから稜線に取り付きます。

2017_09092017-210001.jpg 2017_09092017-210002.jpg

     稜線に上がればなだらかな上りになりますが、踏み跡が分かりずらくなっています。
     去年より下草が元気になっているようです。

     15分ほど進めば太いブナも出て来て早速にワォーの声。

2017_09092017-210003.jpg 2017_09092017-210005.jpg

      木々の間からは目指す三室山。

2017_09092017-210004.jpg
待ってろよ! すぐ行くからね。

2017_09092017-210006.jpg
左側には氷ノ山(一番右、白い雲の下)、左の奥は扇の山


9:35 アップダウンの少ない稜線中の1132mピークへ。

     ピークから25分ほどでこのコースの名物、枯れ木のオブジェの笹原に出ました。

2017_09092017-210007.jpg 2017_09092017-210008.jpg

      このあたりも笹が伸びていて踏み跡が分かりにくくなっています。

10:30 少し上がったところからふり返って大笹原を眺めます。

2017_09092017-210009.jpg
   
       頂上手前の急坂を登れば、

10:45 三室山頂上。1358mです。

      全員集合の記念写真のあとは早めのお昼。

2017_09092017-210010.jpg
会長さまの掛け声も久しぶり。


11:30 下山開始。

      頂上から5分ほど下ったところの展望所からは南の方面がきれいに見えていました。

2017_09092017-210012.jpg
この谷間を清流、千種川が流れています


11:45 クサリ場へ。

2017_09092017-210013.jpg


     杉林のジグザグ道を下りれば、沢に出て、

12:40 宍粟50山の登山口標識のある広い林道に下りてきました。

2017_09092017-210014.jpg


      林道途中から右の林の中に入り、三室高原に戻ります。

13:05 デポしておいた車のところに戻りました。

     ここまで、今日の歩きは約6.6km。

     車で大通峠まで戻り、お楽しみの反省会。

2017_09092017-210016.jpg 2017_09092017-210018.jpg
 パティシエアイちゃんのケーキはメロンクリームのチーズタルト。  ほかにもクリタルトやフルーツいっぱい。


      いっぱい食べ、いっぱいおしゃべりしていつものように反省なしの反省会でした。

      みなさん、今日も楽しい山歩きをありがとうございました。


        



posted by オンシュガー at 21:05| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月02日

三木市の黒滝へ

さわやかな秋空に誘われ、三木市吉川にある黒滝へ散歩です。

このあたりは酒米、山田錦の産地。地元産品の直売所「山田錦の郷」は9時半からオープンですが、開店10分前から大勢の人。

DSCF3714.jpg

  今日はぶどう祭りの催しがあり、新鮮なぶどうを買いに来ている人、ひと、ヒト。

  ワタクシたちも並んで、店内へ。久しぶりの人ごみの中での買い物となりました。
   −−− もちろん、新鮮ぶどうも仕入れました。 −−−


黒滝へは「山田錦の郷」から歩いて15分ほどのところにあります。

DSCF3738.jpg DSCF3737.jpg
県道17号を東に歩きます。途中の若宮神社         茅葺き建物は若宮神社のお旅所


県道脇は山田錦の田んぼが続きます。

DSCF3734.jpg DSCF3735.jpg
 手前は普通米、ヒノヒカリでしょうか。向こうが山田錦  山田錦はまだ青々と。 稲の高さが1mほどあります。


DSCF3716.jpg


およそ800mほど歩き、若宮橋を越えたところ
に黒滝への看板。

階段を下り、美嚢川(みのうがわ)横の遊歩道
を約150m。









   黒滝にやって来ました。

DSCF3733.jpg

    落差は4mほどですが巾が約30mあり、一枚岩から流れ落ちる景色が見事です。

DSCF3721.jpg

DSCF3724.jpg

DSCF3726.jpg


    滝の上流側にはこんな田園風景が広がっています。

DSCF3732.jpg


深山幽谷の滝とは一風変わった、田園の中にある珍しい滝を見てきました。

県道の往復、約2qです。もちろん反省会はありません。


posted by オンシュガー at 19:35| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

岩井滝へ

今日は少しだけお散歩、岡山県、恩原高原の近くにある岩井滝に行って来ました。



8月14日       天候   くもり

メンバー      会長さまと二人

概略ルート
   岩井滝駐車場への林道が工事のため、正規駐車場手前600mの所に臨時の駐車場が作られて
   います。そこから新しく舗装されたばかりの林道を進み、岩井滝の看板のある入り口から滝
   まで遊歩道を登ります。仮駐車場から片道約1qほどの歩きとなります。
   

   
10:00 駐車場をスタート。

      約20分で岩井滝入り口。
2017_08142017-210041.jpg

  
     ここからは木材チップが敷かれた遊歩道。

     遊歩道の右は岩井滝からの渓流、

2017_08142017-210002.jpg 2017_08142017-210003.jpg

       遊歩道約8分ほどで「日本100名水」の岩井名水。

       岩井名水のすぐ上に岩井滝はありました。

2017_08142017-210009.jpg 2017_08142017-210013.jpg


2017_08142017-210014.jpg

2017_08142017-210020.jpg
モデルさんのような服装の人を入れてパチリ


    ここは珍しい裏見の滝です。

2017_08142017-210028.jpg


2017_08142017-210031.jpg


     なかなか見ごたえがありましたので、最後の一枚。

2017_08142017-210037.jpg

    遠くまで見に来た甲斐がありました。



posted by オンシュガー at 16:22| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

真夏の若杉天然林

8月に入っての最初の山歩きは若杉天然林としました。

2017_08052017-210009.jpg


8月5日(土)    天候   晴れ〜くもり

メンバー    会長さまと二人

概略ルート

若杉原生林2017.jpg
岡山県西粟倉村、大茅スキー場の奥にある若杉原生林駐車場をスタートし、初めに
若杉峠へ。そこから左の稜線を第三分岐まで進み、反時計回りに周回するルートです。


8:45 駐車場をスタート。
2017_08052017-210002.JPG
まだガラガラの駐車場

2017_08052017-210001.JPG 2017_08052017-210003.JPG
  西粟倉村の観光案内図                    若杉天然林のルート図

2017_08052017-210005.JPG
森林浴の森、日本100選だそうです

       歴史を感じる石畳の道を進むと、

2017_08052017-210008.jpg 2017_08052017-210007.jpg

    まさに森林浴スポットです。

2017_08052017-210011.jpg

   途中、イワナ釣りをしている二人組の方と立ち話。丁度今日の一匹目が釣れたところ
   でした。

2017_08052017-210012.jpg 2017_08052017-210014.jpg
 9:05 第一分岐を通過                 9:17 第二分岐です。ここは直進し若杉峠へ 


9:30 若杉峠に到着。

2017_08052017-210017.jpg 2017_08052017-210016.jpg
                             今年の初見、ホトトギスです

9:35 峠から200mで東屋に到着。 

2017_08052017-210018.jpg 2017_08052017-210019.jpg
  東屋への急階段                    ここでコーヒータイム

     休憩していると空身の若者が3人。冷たい水をプレゼントしました。
     聞けば、地元で木工をしている女性作家、静岡から来た友人2人に若杉天然林を
     紹介するためにここまで登って来たとのこと。
     木工の話などで30分ほどの大休止となりました。

10:05 若者3人は来た道を帰るというので見送り、ワレワレは周回ルートへ。

2017_08052017-210021.jpg
中国自然歩道の標識

2017_08052017-210022.jpg
本日の最高地点1140m手前の急階段


10:35 第三分岐に来ました。

2017_08052017-210023.jpg
ここから第一分岐に向けて下山です


      たくさんの太いブナの木を見ながら、

2017_08052017-210024.jpg
広い遊歩道で道迷いの心配はありません


10:50 遊歩道横の東屋に到着、ここでお昼にします。

      ここまでにすれ違った登山者は3組のみ。うち一組は6人のパーティでした。

      おにぎりとカップうどんの昼食は簡単、25分で出発です。

2017_08052017-210026.jpg


11:30 第一分岐に戻れば、あとは駐車地点へ。

     登りのときの釣り人は下流へ移動しているようです。駐車場の下で見かけました。

11:45 駐車場に帰って来ました。

2017_08052017-210029.jpg
駐車場の車はだいぶ増えていました


     涼しい風が吹き渡る若杉天然林の夏を楽しみ、いい森林浴が出来ました。
     本日の歩きは4.7q。
     この後は道の駅あわくらんどに寄って果物を仕入れて帰ります。



   
続きを読む
posted by オンシュガー at 17:21| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

夏向きコースで氷ノ山


久しぶりの山ちゃんグループの山歩きは大段平からの氷ノ山でした。

7月22日(土)   天候  晴れ〜くもり、下山後大雨

メンバー    山ちゃん、N&nさん、会長さまと5人

概略ルート


     初めに殿下コースに車をデポしておき、大段平から氷ノ山へ。
     下山は三の丸を通り、殿下コースを使います。



8:15 大段平駐車場をスタート

2017_07222017-210001.jpg
青空広がる頂上方面です


       ブナ林の登山道は気持ちいい!
2017_07222017-210002.jpg
巨大ブナもところどころに

8:50 大屋町避難小屋

2017_07222017-210004.jpg


9:10 尾根コースとの合流点、神大ヒュッテです。

     ヒュッテ前にはパイプからの冷たい水が出ていました。

2017_07222017-210006.jpg
9:45 氷ノ山山頂に到着。

     頂上は京都からのグループが占拠
     中。
     避難小屋の中で大休止。


  2017_07222017-210008.jpg
    鉢伏スキー場の緑がきれい

   20分ほどの大休止で三の丸に向け出発。


10:50 三の丸です。

2017_07222017-210011.jpg 2017_07222017-210010.jpg
                              いつもの景色、氷ノ山頂上をふり返る


     日陰のない三の丸頂上を避け、三角屋根の三の丸避難小屋で昼食です。

11:30 下山開始。

    約10分で坂の谷コースとの分岐、ここを左にとり、

2017_07222017-210014.jpg
根曲がり竹の中を進みます。冬には雪の大平原になるのです。


12:05 殿下コース登山口に下りてきました。

2017_07222017-210015.jpg


      デポしておいた車で大段平に戻っていると、突然土砂降りの雨。
      大段平に着いても車から降りることが出来ません。
      
      そんな中を車の横を雨具を付けて下山している女性が一人。
      なんと、わがグループのアイちゃんです。

      アイちゃんは所要のため直ぐに帰らねばならず、お話もそこそこにお帰りでした。
       Lineでのメールに失敗し、ワレワレとの連絡が出来なかったそうでした。

      ワレワレは車のなかで反省会。結局雨が小降りになったところで散会としました。

       本日の歩きは約8.5q。
       氷ノ山のブナ林を楽しんだ、お手軽コースでした。



続きを読む
posted by オンシュガー at 22:12| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする