2017年07月15日

夏向きの山、笠形山大屋コース


週末の山ちゃんグループの山歩きはありませんので、N&nさんにお願いして夏向きの山を選んでいただきました。
笠形山、大屋コースです。

7月15日(土)   天候  くもり時々はれ

メンバー    N&nさん、会長さまと4人

概略ルート

  八千代町、かさがたネイチャーパーク奥へ林道を進み、終点の駐車場から笠形山を往復します。
        笠形山大屋コース図


8:45 駐車場をスタート。
DSCF3529.jpg



    10分ほどで勝負滝へ。





    勝負滝から約5分で竜ヶ滝。

     今日はまずまずの水量でしょうか。



DSCF3542.jpg


9:17 林道を横ぎり、
DSCF3533.jpg 
9:40 天邪鬼の力水へ。


     冷たい水で顔を洗い、「千が峰〜
     笠形山の縦走路」の稜線を目指し
     ます。


     ここまで木立の中の登山道で、
     この梅雨の時期でも歩きやすい。

     植林地から自然林に変わると、
     千が峰〜笠形山の縦走路は近い。

DSCF3534.jpg

10:15 縦走路に出ました。

DSCF3539.jpg
「多可の天空を歩く、仙人ハイク縦走コース」の看板


        稜線では涼しい風もたっぷりあり、ホント、夏向きの登山です。


     天邪鬼の岩の所はクサリ場。

DSCF3535.jpg DSCF3536.jpg
                             千が峰方面の展望

10:35 笠形山頂上。 頂上には人影ナシ、ワレワレが一番乗り。
DSCF3537.jpg
     
     


     少し早いのですが、お昼タイム。


     食事をしているとグリーンエコー方面
     から4組ほどの登山者。

     青空もありますが、遠くは靄って
     いて見えません。
     

11:15 下山開始です。

      縦走路分岐の手前で登山道を整備しながら上がって来られるYさんとお会いし、
      立ち話。本日の大屋コースはこの5人だけのようです。

12:00 天邪鬼の力水。

12:35 竜ヶ滝。

12:50 駐車場に到着。

     反省会は甘夏のタルト(新発売だそうです)を頂いて、夏の遠征予定などで盛り上がり、
     たっぷりの時間を取りました。

     往復で5qほど。木陰あり、水場あり、涼風ありのおススメの夏向き登山でした。


posted by オンシュガー at 20:59| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

カーネル第6日、乾徳山


今回のカーネルの旅、最終日は日本二百名山の乾徳山(2031m)です。

7月7日(金)    天候   くもり

概略ルート

         乾徳山徳和ルート
      徳和峠登山口から堂満尾根を上がり月見岩を経て頂上へ。
      帰りは月見岩から国師ヶ原を通り徳和に戻ります。


    道の駅「みとみ」から5qほど下ったところに乾徳山の大きな看板があります。
    その交差点から徳和地区に入り広い駐車場に車を停めます。


7:00 駐車場をスタート。

     坂の多い地区内の一般道を徳和峠に向けて上がって行きます。
     約15分で乾徳山登山口。
     ここから堂満尾根。初めは植林された登山道です。

8:20 堂満山。

     堂満山を過ぎて約30分、右下から自動車道が近づいて来て、
     9:10 大平登山口からの道と合流。
2017_07072017-210139.jpg

       さらに1時間ほど登山道を進んで、

10:10 月見岩に到着。このあたりが扇平です。

2017_07072017-210140.jpg
国師ヶ原から来た二人の若者は岩の上でポーズ


      ここからは岩がごろごろとした登山道に変わり、

2017_07072017-210141.jpg 2017_07072017-210143.jpg


      高所恐怖症の人にはコワイところも。
2017_07072017-210144.jpg


     岩場、ハシゴが続いて、頂上直下の鳳岩は10mほどの垂直の壁。

2017_07072017-210145.jpg
岩の割れ目を使って足を確保です

      鳳岩を上がったところが乾徳山頂上。

11:40 岩ばかりの乾徳山頂上に到着。

2017_07072017-210147.jpg 2017_07072017-210148.jpg

2017_07072017-210146.jpg

      頂上には他に3パーティが昼食中


      残念ながらガスで周りの山は見えません。
                    時々ガスが晴れて下界は見えました。


                  約4時間40分の奮闘の証し →   

      苦労の後のお昼御飯がうまい。

12:10 下山開始。

      雨でぬれた岩に注意しながら月見岩へ。

13:15 月見岩に到着。 ここから道を右に取り、国師ヶ原方面へ。

2017_07072017-210150.jpg


     約30分で国師ヶ原です。
2017_07072017-210151.jpg

     長い下山道をひたすら歩き、途中錦晶水で冷たい水を補給して、

14:50 徳和渓谷に近い登山口に下りてきました。

2017_07072017-210152.jpg


     ここから自動車道を徳和地区へ下ります。


15:15 駐車場に到着。

      予想以上にホネのある山歩きでした。

      本日の歩きは約11qでした。

      このあと笛吹の湯で汗を流し、帰途につきました。




posted by オンシュガー at 22:46| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

カーネル第5日、大菩薩嶺


4番目の山は大菩薩嶺(2057m)です。

7月6日(木)    天候  はれ

概略ルート

  上日川峠のロッジ長兵衛から福ちゃん荘へ。初めに唐松尾根を上がり、帰りに大菩薩峠へ回って
  福ちゃん荘分岐へ戻る周回ルートです。

         大菩薩嶺ルート図

     7時ころ道の駅富士吉田を出て、県道201号の曲がりくねった道を駆け上がり、
     8時50分ごろ上日川峠に到着。すでに10台くらいが駐車していました。



8:55 ロッジ長兵衛横から登山道に。


2017_07072017-210113.jpg 2017_07072017-210114.jpg
                             福ちゃん荘への道、落葉松林の中を行きます


9:25 福ちゃん荘へ。

2017_07072017-210117.jpg 2017_07072017-210118.jpg
 2002年に皇太子殿下が休息されたとの看板アリ


      分岐を左にとり、唐松尾根に入ります。
      歩きやすい登山道です。 この山にはサラサドウダンがたくさん見れます。

      色の濃いもの、薄いものいろいろ。

2017_07072017-210120.jpg

2017_07072017-210121.jpg
濃い色のものを選んでパチリ


10:30 分岐の雷岩にやって来ました。

      ここから頂上へは約10分。

2017_07072017-210123.jpg
10:40 大菩薩嶺頂上に到着。

      頂上は木々に囲まれ展望はありま
      せん。記念写真だけ撮ってすぐに
      下山開始。





     雷岩に戻り、ここから直進して
     大菩薩峠方面へ。


2017_07072017-210125.jpg 2017_07072017-210126.jpg
峠への稜線歩き、天気が良ければ南アルプスの展望が・・・    少し下りたところから雷岩方面をふりかえります

      稜線歩き約30分で大菩薩峠が見えてきました。
2017_07072017-210128.jpg

11:35 大菩薩峠に到着。

2017_07072017-210130.jpg


        ここでお昼タイム。

11:50 下山開始。

      ここからは広い登山道になります。
       表登山道と呼ぶようです。

2017_07072017-210131.jpg

12:40 別荘のような勝緑荘横を通過。     →


      自動車道を歩き、福ちゃん荘へ。



13:20 出発地点、ロッジ長兵衛に戻って来ました。

       2017_07072017-210133.jpg  

    
      本日の歩きは約5.5q。

    このあとフルーツラインを通って道の駅まきおかに行くも、ここでは夜が暑そうなので、
    10qほど上流の道の駅、「みとみ」に移動。
    
      ここが、今回カーネル旅行の最後の宿泊地となります。
  




posted by オンシュガー at 22:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

カーネル第4日、三つ峠山


富士山の絶好のビューポイント、三つ峠山(1785m)に挑戦です。帰りは長い霜山へのルートを取り、電車で河口湖駅から三つ峠駅まで戻る周回を目指します。

7月5日(水)    天候  くもり時々晴れ

概略ルート

     三つ峠山その1      三つ峠山その2


   前日の夜はスピード台風第3号が日本の南を通過。夜のあいだは雨が降っていましたが、
   朝には雨も風もなし。台風一過の快晴・・とは参りませんが、まずまずのお天気です。


7:00 三つ峠グリーンセンターを出発。

     長いアスファルト道を歩き、達磨石を目指します。

     途中、神鈴の滝を左手に見て、
2017_07072017-210066.jpg
この下流400mが一枚岩のナメラです

7:55 舗装道路の終わったところが達磨石。
     ここまで車で入ることができます。 これから山道。

2017_07072017-210068.jpg 2017_07072017-210070.jpg
   いい感じの自然林が続きます              薄暗いところにイチヤクソウ


8:45 股覗きの松へ。
2017_07072017-210072.jpg


      登るにつれ、富士山が大きくなります。
2017_07072017-210074.jpg


10:00 八十八躰供養塔までやって来ました。

2017_07072017-210077.jpg 2017_07072017-210076.jpg
                                八十八躰のお地蔵様


    山すそをトラバースするように進むと、

2017_07072017-210085.jpg 2017_07072017-210087.jpg
10:45 大岩壁が現れ、               ロッククライミングの講習が行われていました


11:20 グリーンセンターから4時間あまり、三つ峠山頂上に到着。

2017_07072017-210089.jpg

     頂上からの眺め、
2017_07072017-210090.jpg 2017_07072017-210091.jpg
   富士山                       南アルプス  聖、赤石、塩見の頂上が見えます

    頂上には湘南からのご夫婦がおられ、一緒にお花畑から御巣鷹山を案内いただきました。

    ご夫婦とは木無山でお別れ。
    珍しいアツモリソウやカモメランなどを教えていただきました。

2017_07072017-210099.jpg   2017_07072017-210093.jpg


13:05 三つ峠山荘から霜山に向かう縦走路に入ります。

2017_07072017-210104.jpg 2017_07072017-210105.jpg
  霜山へはなだらかな縦走路               14:25 唯一の鉄塔に出ました


14:45 霜山です。 ここからも富士山を見て、

2017_07072017-210106.jpg


2017_07072017-210107.jpg
     さらに下れば、車道を横切ります。
               (15:15)


     15:35 天上山に到着。

     2017_07072017-210108.jpg

      天上山の下はロープウェイ
             かちかち山駅。
2017_07072017-210109.jpg


      アジア系の観光客が大勢です。

                 太宰治の碑 →



       ロープウェイには乗らないでハイ
       キング道を使って下山。

       登山口のお寺さんからは一般
       道を20分ほど歩き、

16:25 富士急河口湖駅に着きました。

     16:44分発の大月ゆき普通に乗り、17:05三つ峠駅に到着。

     ここから三つ峠グリーンセンターまでの20分の歩きはヘロヘロになりました。

16:35 グリーンセンターに到着。

      本日の歩きはトータル約18q。 富士登山で疲れた体には少々こたえました。

      グリーンセンターでお風呂に入り、道の駅富士吉田で3連泊カーネルです。

   
続きを読む
posted by オンシュガー at 22:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

カーネル第3日、石割山


昨日の富士登山の疲れもあり、行程の短い石割山(1413m)登山としました。
午前中は少し足を延ばして白糸の滝と青木ヶ原の氷穴見物です。

7月4日(火)   天候  くもり

メンバー    会長さまと2人

概略ルート
石割山.jpg
石割山は山中湖の北にある山、初めに長い階段を上がり石割山頂上へ。
下りは大平山への縦走路から神社登り口へ戻る分岐を左折します。


午前中は観光。まだ見たことのない白糸の滝、鳴沢氷穴へ。

2017_07072017-210037.jpg

2017_07072017-210039.jpg
二人とも初めてです。絶景に感動!

2017_07072017-210036.jpg
こちらは白糸の滝の隣にある音止めの滝

 そして、青木ヶ原樹海にある鳴沢氷穴へ。

2017_07072017-210045.jpg    2017_07072017-210047.jpg
  気温0°Cの世界です。


   山中湖に戻り、午後から石割山登山。

13:10 石割神社駐車場をスタート。
2017_07072017-210048.jpg

      すぐに待ち構えているのは長い石段。

2017_07072017-210050.jpg 2017_07072017-210051.jpg
                            約20分で石段の一番上へ

     広い、雰囲気の良い参道(登山道)が続きます。
2017_07072017-210052.jpg

13:50 石割神社です。

2017_07072017-210053.jpg

2017_07072017-210054.jpg 2017_07072017-210056.jpg
  石割の謂われ、ここを通るとご利益があるそうです       ご神体の大岩


     神社からは細い登山道。

14:15 石割山頂上へ。

2017_07072017-210060.jpg 2017_07072017-210059.jpg

      ここから大平山への縦走路に入ります。

14:50 縦走路分岐

     ここを左折し、

15:40 駐車場に戻りました。

     全行程約4.6qのお手軽登山でした。

    今日も石割の湯に浸かり、道の駅富士吉田で2泊目の夜。



posted by オンシュガー at 22:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする