2018年02月17日

ヤッホの森と黍田富士へ

神戸新聞が出版している”新・はりまハイキング”に載っているヤッホの森へはまだ行ったことがありませんでしたので、会長さまと二人で陽だまりハイクを楽しんで来ました。

ヤッホの森と黍田富士は山陽本線の龍野駅南に位置していて、標高は200mほどの低山です。


2018年2月17日(土)   天候  はれ

メンバー   会長さまと二人

ルート 
黍田富士.jpg
ヤッホの森の南側、河内小学校登山口からのピストンです。



8:30 河内小学校と幼稚園の間にある鹿よけゲートからヤッホの森への登山道に入ります。

DSCF3780.jpg DSCF3779.jpg

   馬目ガシの沢山生えている登山道を進むと、約20分でベンチのある三叉路に着きました。
   ここを左に曲がります。
DSCF3781.jpg


    この辺りは古墳があちらこちらに。ベンチで夜明けのコーヒーをいただき、大休止。

9:10 三等三角点、点名「山津屋」(193.3m)に着きました。

DSCF3782.jpg


DSCF3783.jpg
ピークの下には31号古墳

      天気が良ければ明石海峡が見えるようですが、今日はダメ。

DSCF3784.jpg
北方面、たつの市街地や揖保川の展望

     10分ほど稜線を歩くと右、黍田富士 左、亀岩へ200mの標識がありますので亀岩に
     寄って行きます。

9:30 亀岩展望台。ここが本日の最高地点、と言っても213mです。

DSCF3785.jpg
これも古墳の一つだそうです


     南方面の展望が開けていますが、瀬戸内海は霞んでいました。

     先ほどの分岐に戻り、黍田富士方面へ。

     201mピーク(案内書によればこれが金剛山)を越えると黍田富士がよく見えてきま
     した。

DSCF3788.jpg


     鞍部を越え、小さな登りをこなせば

10:00 黍田富士(166m)頂上です。

DSCF3789.jpg


DSCF3792.jpg
眼科には新幹線が走っています



      頂上にあるカリヨンを鳴らし、展望台に上がって下山にかかります。(10:10)


10:40 三角点ピークに戻ってきました。
DSCF3795.jpg

11:05 河内小学校横の登山口に到着。
     お疲れさま。



     今日はリハビリ登山。往復5qは
     丁度良い距離でした。



     このあと道の駅みつへ寄って帰り
     ました。


posted by オンシュガー at 20:42| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

那岐山 スノーシュー歩き

明日の土曜日は雨模様。端人さんから「お天気の良い今日にスノーシューで那岐山に行きましょう」とのお誘いがあり、行って来ました。

2018_02092017-210001.jpg
工業団地から見る那岐山、思っていたより雪はありません


2月9日(金)     天候  晴れ

メンバー   N&nさん、端人・端っ子さん、会長さまと6人

ルート    駐車場からBコースで上がりCコースで下りました。


8:30 駐車場をスタート。

    B、Cコース分岐の手前でスノーシューをつけます。
2018_02092017-210004.jpg
端人さんは新兵器のチェーンスパイクです。スノーシューは背中に。

9:50 Aコースと合流する作業道に来ました。

2018_02092017-210005.jpg 2018_02092017-210006.jpg
                            ここで端人・端っ子さんもスノーシューに履き替え

     約5分の作業道歩きでAコースへ。
2018_02092017-210007.jpg 2018_02092017-210008.jpg
                            雪に埋もれたAコースの階段を上がります

    30分ほど急坂が続き、少しなだらかに。
2018_02092017-210010.jpg


11:25 Aコースの稜線に出ました。
2018_02092017-210011.jpg

    あと0.6qの標識に励まされ、頂上への稜線を進みます。

2018_02092017-210012.jpg
稜線を進む会長さま。アレッ、ザックがありません

      急登のあたりから会長さまは足が攣り始め、ザックは端人さんに担いでもらうこと
      になってしまいました。

2018_02092017-210013.jpg
頂上が大きくなりました。あと少しです。

11:50 那岐山頂上に到着。
     皆さまお疲れさま。まずは集合写真。

2018_02092017-210014.jpg
青空が何よりのプレゼント

        南からの風が少しきついため早めに山座同定を済ませ、避難小屋に下ります。
        伯耆大山は霞んでいて辛うじて見ることが出来ました。

     避難小屋は我がグループを入れ10人ほど、ゆったりとお昼タイム。

12:25 下山開始。

2018_02092017-210021.jpg
三角点ピークへの登り返しで振り返れば、頂上と避難小屋が小さく。


12:35 三角点ピークです。

2018_02092017-210023.jpg
滝山方面、以前あった休憩所はトイレだけになっていました


     夏道をたどり、下山です。


14:05 B、Cコース入口へ。

2018_02092017-210024.jpg 2018_02092017-210025.jpg

     後は車道を歩いて下の駐車場へ。14:20到着。

   お楽しみの反省会は餅入りぜんざい。お菓子とフルーツも頂きました。

   このあと田殿神社のセツブンソウを見に行きましたが、まだツボミの状態。開花はまだまだ
   です。

2018_02092017-210027.jpg

2018_02092017-210028.jpg


posted by オンシュガー at 22:14| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

恒例のスノーシュー登山で氷ノ山

山ちゃんグループで恒例となっている氷ノ山のスノーシュー歩きに行って来ました。


1月20日(土)    天候   小雪〜くもり

メンバー   山ちゃん、N&nさん、姫路のH&Iさん、会長さまと7人

ルート
  わかさスキー場リフトトップから三の丸を経て頂上へ。帰りは氷の越えから氷ノ山命水へ下りる
  周回ルートです。


 スキー場駐車場で身支度を整え、パトロール本部に登山届を提出したあとリフト2台を乗り継ぎ、
 リフトトップからスタートします。
 ここで標高は約1200m。


8:50 すぐにスノーシューを取りつけ、激斜面に取り付きます。
    ほかのグループはアイゼンの方が多い。

2018_01202017-210001.jpg

      くもり空からは雪もちらちら。今日はどうやら青空は期待できません。

2018_01202017-210002.jpg
約30分の激坂を越え、少しなだらかな稜線へ


9:30 ブナ林まで来ました。

2018_01202017-210003.jpg
いつもなら青空と樹氷のコラボがみれるのですが・・・

      大雪原もほとんどホワイトアウトの状態です。
      先行者の踏み跡をたどって進めば、

9:55 鳥取県側休憩小屋です。

2018_01202017-210004.jpg
ここでお菓子をいただいて大休止


    5分ほど進めば三の丸避難小屋。
2018_01202017-210005.jpg

      そして、三の丸頂上です。
2018_01202017-210006.jpg
ガスの中の見晴らし台

      ガスに包まれていますのですぐに氷ノ山に向かいます。

2018_01202017-210007.jpg
                 樹氷がきれいなのですがくもり空のバックがね・・・

    一歩一歩雪を踏みしめ、歩けば、

11:00 氷ノ山頂上に着きました。

2018_01202017-210008.jpg 2018_01202017-210009.jpg

2018_01202017-210011.jpg
明るく元気な女性軍です

  頂上小屋の中で楽しいお昼ご飯。
  小屋の中央には小屋の備品らしき大きな土鍋が置いてありました。年末には忘年会
  でもあったのでしょうか。 
  次々と登山者が小屋に来られましたので席を交代し、下山にかかります(〜11:30)。


  これからが難関の甑岩通過です。
  甑岩下の急斜面につけられた先行者の細い踏み跡を慎重にたどり、

2018_01202017-210012.jpg 2018_01202017-210013.jpg

無事トラバースを通過でき、ホットします。

2018_01202017-210014.jpg
左上の甑岩はガスに霞んでうっすらと


     次の目標は氷の越え。


12:35 氷の越えへ。

2018_01202017-210017.jpg


  その手前で見たのは・・・ クマの足跡。
2018_01202017-210016.jpg
内またで歩いています。爪あともクッキリ


  また氷の越え手前の斜面では尻セードも。
2018_01202017-210015.jpg
一年ぶりのお楽しみです


       
  氷の越えからは又激斜面です。慎重に足を運び、そろりそろりと。

13:15 萱場の大斜面に来ました。
     ところどころに雪が割れていてなだれになりそうです。
     気をつけながら下山。

13:30 氷ノ山命水に下りてきました。

2018_01202017-210019.jpg

   あとはアスファルト道路で駐車場まで。

   駐車場ではいつものお楽しみ反省会。コーヒー、甘酒、手づくりケーキとフルーツなどを
   いただき帰途に着きました。

  


posted by オンシュガー at 23:37| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

段ヶ峰でスノーシュー

2018年最初の山ちゃんグループの山歩きは段ヶ峰でスノーシューとなりました。


2018年1月13日(土)     天候  晴れ〜くもり時々小雪

メンバー    山ちゃんグループ全員 10名

ルート
  千町峠から段ヶ峰とフトウが峰をピストン


9:55 千町峠をスタート。2018_01132017-210001.jpg
    
      8時半に町役場に集合。当初計画の
      砥峰に向かいました。
      ところが砥峰の雪は思ったより少な
      く、スノーシューが使えそうにあり
      ません。
      急きょ林道を走り、千町峠から段ヶ
      峰に変更しようとということになり
      ました。

      砥峰から千町峠への林道はところど
      ころ雪がたっぷり、走行には慎重な
      運転が必要な状態です。


                悠友山荘横の登山口から登り始め、30分ほどのところでスノーシューを付けます。
2018_01132017-210003.jpg 2018_01132017-210002.jpg
  登山口の雪はこんな程度                 快晴ですが峠を渡る風はとっても冷たい、痛いほど


  段ヶ峰頂上が見えています

10:40  段ヶ峰頂上(1106m)に到着です。



      御手作りのきんとんを懐かしくいただいてフトウガ峰に向かいます。

2018_01132017-210007.jpg
目指すフトウガ峰


11:30 フトウガ峰手前の杉谷分岐に到着

2018_01132017-210011.jpg 2018_01132017-210010.jpg 

           そしてフトウガ峰に到着です。(11:35)

2018_01132017-210012.jpg
                                     山頂表示板は折れてこんな短くなっていました

      ここで会長さまから「お昼〜」の号令。アセビの陰で風をよけて輪になります。

2018_01132017-210014.jpg

2018_01132017-210013.jpg
山頂から南の展望、笠形山です


      昼食が終わったころから空模様が怪しくなり、12:00から下山開始。

12:45 段ヶ峰

13:15 登山口、悠友山荘横へ。

    このあとはお楽しみの反省会。たくさんのケーキやぜんざいをいただきました。

    帰るルートを検討し、段ヶ峰林道を生野ゴルフ場方面への道を取ることにしました。
    凍結、落石などありましたが、皆で協力、無事林道を通過。皆様に感謝です。

  グループ最初のスノーシュー歩きでしたが、登山よりも前後の林道ドライブの方が印象に残る
  2018年最初の山行きでした。

  



posted by オンシュガー at 22:20| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

2018年スノーシュー始めは東山

元旦の初日の出登山として東山に登ることができませんでしたので今日、行って来ました。


1月7日(日)     天候  くもり〜はれ

メンバー      会長さまと2人

ルート
   フォレストステーションから尾根コースをピストン。


9:45  フォレストステーション駐車場をスタート。遅めの出発です。
      
2018_01072017-210001.jpg
雪はこの程度です


      スノーシューは付けないで歩き始めます。2018_01072017-210002.jpg

  
     約15分ほど車道を歩き、オートキャンプ場
     分岐でスノーシューを履きました。







10:20 尾根コース登山口へ。
2018_01072017-210004.jpg
いつものように倉庫軒下で小休止


     尾根道はいい感じです。
2018_01072017-210005.jpg


10:55 四等三角点の上東山(929m)に到着。

2018_01072017-210006.jpg


     尾根のアップダウンを繰り返し、

11:45 東山頂上です。

     ここまで先行者のスノーシュー跡をたどって来ましたが、頂上は無人。別ルートで下山
     されたようです。

2018_01072017-210007.jpg 2018_01072017-210008.jpg
                                                                               本年初めての1000m峰です。

       昼食を済ませ展望デッキで山座同定をしていると、同年輩のご夫婦が頂上に到着。
       帰り路でもう一組の登山者とすれ違いましたので本日の登山者は6名+α。

2018_01072017-210010.jpg
頂上では霧氷がきれいでした。


12:15 下山開始。

      約40分で四等三角点、上東山へ。

2018_01072017-210013.jpg
三角点ピークからはフォレストステーションの建物が見えます


13:10 尾根コース登山口に戻ってきました。

2018_01072017-210015.jpg


        あとは車道を歩いて、

13:35  フォレストステーション駐車場に到着。

2018_01072017-210016.jpg
家族連れの雪遊びの人で車はこんなに増えています


     この後、メイプルプラザの温泉に入って今日のスノーシューハイクは終了。


posted by オンシュガー at 19:43| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする