2017年04月18日

ブランデンブルグ協奏曲(2)


ブランデンブルグ協奏曲の原題は「種々の楽器のための6つの協奏曲」となっており、宮廷サロンでの晩餐会などでのバックグランド・ミュージックのように演奏されていたものです。

brandenbrug-2.jpg
大勢の演奏者たち。当時の宮廷楽団は一大事業だったのですね。
ニコラス・アーノンクール指揮のCDジャケットより。


宮廷の人達はおしゃべりしながら聞いていたようです。
ですから今のコンサート会場での演奏のように堅苦しいものではありません。

  ことほどさようにバロックは気楽に鑑賞していただきたい。


さて、第2回目は第1番ヘ長調 (BWV 1046)から Adagio を。

楽器編成はホルン、オーボエ、ファゴット、高音ヴァイオリン、弦楽合奏、通奏低音となっています。
ホルンが入っているこの曲は明るい第一楽章、Allegro から始まり、6曲の冒頭を飾るのにふさわしいものです。

哀愁の情緒あふれたAdagio楽章ではホルンはお休みし、第一オーボエ、ヴァイオリンがアリアを歌います。

余計な説明はこのあたりにして、Adagio の第2楽章をどうぞ。

          
           フライブルグ バロック オーケストラの演奏です。
          画面には出ませんがファゴットがよく効いていますね。


次も管楽器が活躍する第4番へと進みます。





posted by オンシュガー at 08:04| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: