2017年04月13日

今日の明神山


青空に誘われて明神山に行って来ました。会長さまは絵手紙教室の日ですので一人です。

2017_04132017-210002.jpg
麓の夢やかたでは柳の芽吹きが始まっています



  駐車場で準備をしていると常連さんが次々と。一緒にしていただき、CからAコース、いわゆる
  年金コースを使用しました。

        -------------------------------------------------------

実は昨日、ウツミ先生から多田繁次著の「兵庫の山やま」総集編という本を貸していただきました。

2017_04132017-210008.jpg
昭和52年9月発行  神戸新聞出版センター刊

  その中に明神山の項があります。(P211 〜)
  記事の内容からすると昭和51年ころに登頂した時の記録のようです。

2017_04132017-210009.jpg
      四辻までバスで。馬谷の神の元神社前を過ぎ、今の夢やかたへの峠辺りから尾根に取り付き、頂上へ。
      下山は「滑らかな岩床を水が這うように流れているところ」とありますので現在のBコースを下りたよう
      です。帰りは前の庄からバスで姫路へ。

    標高わずか667m、そんな低い山。山麓の住民以外に世に知られなかった無名の山。
    その二つの条件がここに野趣あふれる自然を温存。それに加えて登路の峻険と山容の
    秀逸が、私たちを心から歓喜させるのである。

   今も多くの人から愛されている明神山です。




posted by オンシュガー at 16:57| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: