2017年04月20日

ブランデンブルク協奏曲(6)

キバナホウチャクソウが咲き始めました。

DSCF2538-b.JPG


DSCF2555-b.JPG
こちらは普通のホウチャクソウ


さて、今シリーズも最終回、第三番です。

ご存じの方はご存じ、そうでない方はそうでないのですが、この第三番にはそれらしい緩楽章がありません。

この楽譜の第1楽章と第3楽章の間にかかれているのは二つの和音のみ。
つまり演奏者はその和音をもとに自分勝手(?)に第2楽章を演じてもよいことになっているのです。
そのため、ある演奏では10秒ほどで終わるものもあれば、ほかのバッハの作品を持ってきたり、自分で即興的に演奏し2分以上かける場合もあるのです。

といったところから、第三番の場合は全曲をお聞きいただき、第2楽章はその途中でお楽しみ下さい。

まず、短い第2楽章の演奏、フライブルグ バロック オーケストラで。

               
                                        第2楽章は5分40秒〜52秒まで、12秒間のみ。


もう一つは長い方の演奏、こちらはトン・コープマンのものです。
          
         第2楽章は6分00秒〜8分20秒まで、2分20秒です。
          ここでコープマンはトッカータ(BWV916)の
                                    アダージョを使っています。

ブランデンブルグ協奏曲の緩楽章を押売りしてきました今シリーズ、全6曲の紹介が終わりました。いつもながら長いお付合いをありがとうございました。



posted by オンシュガー at 08:00| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブランデンブルグ協奏曲(5)


このシリーズもあと2回ですね。

今回の商品は第六番といきます。

第六番の特徴は何といっても弦楽合奏にヴァイオリンがいないこと。
つねにオーケストラの主役の位置を占めて来たヴァイオリンを弦楽合奏から排除したバッハの意図はどこにあったのでしょうか。低音楽器による落着きを期待したのでしょうか、わかりません。

楽器編成はヴィオラ、ヴィオラ・ダ・ガンバ、チェロだけです。


第二楽章のAdagio ma non tant(アダージョ、でもあまり遅すぎないように)ではガンバは休止し、チェロとチェンバロに乗せて二つのヴィオラがカノンを奏でます。
至福の4分半をお楽しみください。

          
          フライブルグ バロック オーケストラの演奏。


いよいよ次回は最終回。いわくつきの第三番の緩楽章をお楽しみいただきます(?)。


posted by オンシュガー at 04:00| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする