2017年03月31日

イ・サロニスティの世界(1)


1ヶ月ぶりの名曲押売り本舗はポピュラー音楽です。

登場していただくのはヴァイオリン、チェロ、コントラバス、ピアノ編成のグループ、
                 イ・サロニスティ(I Salonisti)。

2000曲以上のカバー曲を持つというこの楽団ですが、何といっても世界的に有名になったのはあの「タイタニック」で沈没直前まで演奏を続けたという楽団として登場したことですね。

あの場面は、1912年に起こった大惨事の中での事実に基づいています。
タイタニックの乗組員ではありませんでしたが、船舶会社に雇用されていた楽団員は救命艇に乗る順位は最後の方。最後まで乗客の心の平安を願って演奏を続けます。

感動のシーンでした。

イ・サロニスティの紹介の初めは、まずその場面の音楽。讃美歌「主よ、みもとに近づかん」です。

                             
            ここではピアノの登場はありません


次回からイ・サロニスティのレパートリーの広さを紹介して行きたいと考えております。


続きを読む
posted by オンシュガー at 13:22| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

今日の山のお目当ては?


ダンコウバイでした。

2017_03292017-210010.jpg

2017_03292017-210014.jpg

2017_03292017-210016.jpg

2017_03292017-210013.jpg



コバノミツバツツジも咲き始め、あちらこちらで明るい赤紫の花が見れました。

2017_03292017-210019.jpg 2017_03292017-210001.jpg




2017_03292017-210005.jpg




posted by オンシュガー at 14:59| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

氷ノ山 スノーシューハイク


今週末の山計画は氷ノ山となりました。調べてみると冬の氷ノ山行きは2017年1月以来のことです。約5年ぶりの氷ノ山でのスノーシューハイクです。


3月25日(土)     天候  晴れ

メンバー    山ちゃん、N&nさん、端人&端っ子さん、会長さまと7人

概略ルート
氷ノ山2017.jpg
駐車場から2基のリフトを乗り継ぎリフトトップへ。三の丸、氷ノ山頂上、氷ノ山越え、
 氷ノ山命水を回り駐車場に戻ります。                       


8:25 まず初めのリフトに乗ります。

8:35 2基目のリフト。

8:40 リフトトップ着。

     すぐにスノーシューを取りつけ、出発。
     硬い雪にスノーシューの刃を食い込ませ、急坂を上がります。
     馬の背のような稜線を20分ほど上がると、
2017_03252017-210006.jpg


2017_03252017-210005.jpg 2017_03252017-210004.jpg
 左手に氷ノ山の頂上小屋                 正面には鳥取県側の休憩所が見え出しました

9:10 ブナ林に来ました。
     なだらかなブナ林の中を10分ほど進むと、
2017_03252017-210009.jpg
三の丸に続く大雪原が前方に現れます


2017_03252017-210011.jpg 2017_03252017-210012.jpg
  曇り空ですが今日は遠くまで澄んでいます。扇ノ山      その北に見える青が丸と仏の尾をアップでとらえました

2017_03252017-210013.jpg
9:40 尾根から見えていた鳥取県側の休憩所を通過

9:45 三の丸に到着。

2017_03252017-210014.jpg
三の丸頂上から兵庫県側の避難小屋を見ます

2017_03252017-210016.jpg
三の丸から氷ノ山頂上を見れば、・・・夏とは全く違う景色


       このころから青空も出始めました。白銀の世界を楽しみます。

2017_03252017-210017.jpg
三の丸から1時間ほど、氷ノ山頂上はもうすぐ

10:50 氷ノ山頂上に到着。

2017_03252017-210018.jpg
まずは、全員集合


       会長さまからお昼の号令をいただき避難小屋の中で楽しいお昼ごはんです。

11:15 お昼ご飯が終わり外に出ると・・
2017_03252017-210020.jpg
大勢の高校生が冬山訓練で氷ノ山へ。岡山の5校の合同訓練だそうです。

2017_03252017-210022.jpg
11:20 頂上直下から見る扇ノ山。 近くに見えます。


     一番の心配だった甑岩下斜面のトラバースは高校生諸君がルートを踏み固めてくれて
     いて、さらにザイルも取りつけてくれていました。おかげで安全に通過できました。
2017_03252017-210023.jpg



     氷ノ山越えまでのルートは雪山の醍醐味いっぱいです。

2017_03252017-210027.jpg

2017_03252017-210029.jpg

2017_03252017-210030.jpg


2017_03252017-210031.jpg
振り返れば氷ノ山頂上と甑(こしき)岩


12:15 氷ノ山越えに来ました。

2017_03252017-210032.jpg 2017_03252017-210033.jpg
                                氷ノ山越えから見る頂上と甑岩(右)

    氷ノ山越えからは急坂です。
2017_03252017-210034.jpg


      ところどころで尻セードもしながら、
2017_03252017-210035.jpg


12:55 氷ノ山命水に下りてきました。

2017_03252017-210036.jpg


       あとは舗装道路をテクテク。

13:20 駐車場です。

     恒例の反省会は端人さんらの新しいスマホで盛り上がり、楽しく美味しい時間。
     会長さまとワタクシにとっては5年ぶりの雪の氷ノ山でした。いい仲間といいお天気に
     恵まれ、今日もまた若返ってしまいました。

         本日の歩きはリフトトップから駐車場まで、約8.4kmでした。



posted by オンシュガー at 20:48| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

カフェの花 春先の庭


露地のユキワリイチゲがまだ咲いております。
今日は春の太陽が燦燦と。たくさん咲いてくれた花が一段と開いていますので、ついもう一度写真を撮ってしまいました。

2017_03242017-210001.jpg

2017_03242017-210005.jpg



これはリュウキンカでしょうか。

2017_03242017-210004.jpg



バイモユリのつぼみは大きく膨らんできました。

2017_03242017-210006.jpg
別名アミガサユリというそうですが花弁の網模様が見えています



ついでと言ってはなんですが、自然の中のホソバノコバイモもアップしました。

2017_03232017-210006.jpg

2017_03232017-210007.jpg


            やはり天然もののカワユさにはかないませんね。




posted by オンシュガー at 18:41| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

気がかりな山の表示板


比較的よく登る山があります。久しぶりに行ったところ、残念な山の表示板を見かけました。
今までと違うルートで登ったので、気づいたのは初めてです。

2017_03232017-210004-2.jpg

登山道を整備して下さることには感謝以外はあり
ません。
このような表現になったいきさつや歴史について
知らない門外漢が口をはさむのは悪いのですが、
もう少し柔らかな表現法はなかったのでしょうか。                                                         

ここまできつく書かねばならなかった理由があっ
たことでしょうが・・・                      愛好会名で書かれています。会の品格は?


県外からも多くの登山者のある山。初めてこの山を訪れた人がこの看板を見て、どのように感じられるのでしょうか。


格調高い名山だと思っていますので、残念に思いました。



posted by オンシュガー at 19:54| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする