2017年02月28日

テレマン 忠実な音楽の師から(番外)


G・P・テレマン(1681-1767)の大きな功績はそれまで宮廷など一部の上流階級に限られていた音楽を一般家庭にまで広げたことが挙げられます。人びとは自分たちで演奏する新しい楽しみを手に入れたのでしょう。
「忠実な音楽の師」の楽譜はそういった人たちに喜んで迎えられたことと思います。少人数で楽しめる音楽の楽譜が次々と発刊されていったのですから。

現在でも楽譜屋さんの店の中は特殊な雰囲気があります。自分の技量はひとまず横に置いておき、美しい音楽への希望に胸を高まらせます。

テレマン時代の人びとは次に発行される「忠実な音楽の師」の楽譜を心待ちにしていたことでしょう。


今シリーズの番外として、もう一つテレマンのトリオソナタをお送りしたいと思います。

それはファビオ・ビオンディの演奏するイ短調のソナタです。
この曲が作られたのは1718年、「忠実な音楽の師」をさかのぼること約10年。テレマン37才のころの作品です。

フラウトトラベルソとヴァイオリンが独奏楽器として使われ、通奏低音にチェロとチェンバロを従えています。
特に第3楽章のGraveのしっとりとした流れと第4楽章のMenuetの爽やかさがおススメです。


          
                   演奏時間 約9分半
               第一楽章 Affettuoso  ( 0:00〜)
                                        第二楽章 Vivace            ( 2:05〜)
               第3楽章   Grave            ( 3:37〜)
                                        第4楽章   Menuet      ( 6:06〜)  


「忠実な音楽の師」には含まれていませんが番外で押売りしてしまいました。

             

posted by オンシュガー at 16:02| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

鍋ヶ谷山から駒の尾山へスノーシュー


今年になって初めて、グループ8人での山歩きができました。

行き先は駒の尾山(1280m)と決まりました。まず行者の水汲み場のある松の木公園に集合。新年のあいさつを交わしたりして。


2月25日(土)     天候  曇り〜はれ

メンバー    山ちゃん、N&nさん、端人・端っ子さん、アイさん、会長さまと8人

概略ルート
駒の尾2017.jpg
鍋ヶ谷林道手前の道路端に駐車し初めに鍋ヶ谷山へ。次いで駒の尾山に行きます。下山は大海里から夏道
を駒の尾登山口へ向かう予定でしたが雪が深く、夏道が危険なため谷へ下り、作業道を使って戻る。  



8:40 スタートです。
    500mほどスキー場に向かって上がり、鍋ヶ谷林道に入ります。
2017_02252017-210001.jpg
道路わきの斜面を上がるのに一苦労

     快調に林道を進み、
2017_02252017-210006.jpg

     右になだらかな作業道が現れたらそちらへ入ります。

9:40 作業道終点、左の稜線に取り付きます。

     20分ほどで1014mのピークに到着。
     ピークから一たん下り、上り始めるのですが、これが手ごわい。

     10:30ころから20分ほど急傾斜と格闘です。
2017_02252017-210007.jpg 2017_02252017-210008.jpg
   アイちゃんは別ルートで格闘             山ちゃんは手前のルートを

10:55 急傾斜を登りきると、

2017_02252017-210009.jpg 2017_02252017-210010.jpg
  なだらかな斜面に変わり                右に駒の尾山が見えてきました。

11:00 鍋ヶ谷山頂上に到着。

2017_02252017-210013.jpg
絶景を楽しみ、記念写真

    ここから駒の尾山へはスノーシューハイクの醍醐味が味わえます。

2017_02252017-210012.jpg

2017_02252017-210015.jpg

2017_02252017-210017.jpg

2017_02252017-210019.jpg

2017_02252017-210018.jpg

2017_02252017-210020.jpg

    30分ほど大雪原を歩くと、駒の尾山避難小屋に。


2017_02252017-210021.jpg

    まずは頂上へ行きました。

2017_02252017-210022.jpg
頂上の碑は「駒」の字しか見えません

2017_02252017-210023.jpg
11:40 ここでも記念のパチリ

    先ほどの避難小屋に戻り、中で昼食タイム。

    お菓子やデザートも頂き、満腹。下が向けません。やっとの思いでスノーシューを装着。
    大海里峠に向けて出発。 (12:20)

2017_02252017-210024.jpg
避難小屋正面には三室山が大きく見えます。


       大海里への途中、1211mピークからの急斜面ではお定まりの尻セードを楽しみ、

12:45 大海里峠に到着
2017_02252017-210027.jpg

     ここから夏道を使って駒の尾登山口に下りる予定だったのですが、
     斜面をトラバースする夏道が雪で分かりません。

     斜度もけっこうな角度のところもありますので、ここで協議。
     地図上の点線がある谷筋の作業道へ下りることにします。

     これが正解。作業道に下りるまでが少し危険地帯でしたが、全員無事作業道に。

14:05 鍋ヶ谷林道つけ根まで来ました。

2017_02252017-210029.jpg 2017_02252017-210030.jpg
                               車道を戻り、

14:10 駐車地点へ。

   この後は反省会。
   会長さまの「今日はしっかり反省スルのだ!」のお言葉がありましたが、アイさんの手作り
   「レモンたっぷりのスコーン」を見たら、
2017_02252017-210031.jpg 2017_02252017-210032.jpg

      反省も忘れて、おいしい反省会となってしまいました。

      今日の歩きは約8q、激坂や雪に覆われた夏道などアブナイ場所もありましたが、
        おかげさまで無事、鍋ヶ谷から駒の尾を周回することが出来ました。

  
posted by オンシュガー at 19:54| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

テレマン 忠実な音楽の師から(4)


G・P・テレマン(1681 - 1767)は日本の時代で言えば青春を過ごしたのが元禄のころ、この「忠実な音楽の師」を出版したのが徳川吉宗の享保のころとなります。

ドイツ、ハンブルグで宮廷楽長を務めていたテレマンは今で言えば超売れっ子の作曲家。遠くロシアからもお呼びがかかるほどでした。しかしテレマンはドイツにとどまり作曲を続けました。

「忠実な音楽の師」の出版のあと、「ターフェルムジーク」や「パリ四重奏曲」など代表的な作品をつぎつぎと世に送り出しました。


今シリーズの最後はリコーダー2本とチェンバロによるソナタ、第11課の「3声のイントロドッチオーネ」をお送りします。

まずは原曲での演奏を抜粋したものを。


                       
             演奏時間 約8分
            第1楽章 イントロドッチオーネ  ( 0:00〜)
                第2楽章 アンダンテ                          ( 2:30〜)
            第3楽章 プレスト             (3:55〜)
            第7楽章 ディド                        (4:53〜)



次いでオーボエに加えファゴットが活躍する室内楽での演奏もどうぞ。

                       
            こちらは全曲。 13分半ほどです。

  


前回の残りのカメラータ・ケルン演奏の「忠実な音楽の師」CD、4枚目、5枚目の曲目、使用楽器、演奏時間などをご参考まで。

<Disc4>
                 曲目 タイトル                 楽器    時間   作品番号
1.第15課 歌劇「カリュプソ」からの合唱「この愉しさは・・」 Sop  Bc       1:09    TWV 21:19
2.第15課 混乱したお祭り ハ長調 (by Goerner)      Chem             2:09     
3.第15課 楽士長シュミットによる3声のカノン           男性合唱          0:58     
4.第16課 歌劇「エギンハルト」からのアリア 「憩いの泉、・・」 Ten Vn  Bc       1:18      TWV 21:25
5.第17課 ソナタ イ短調                    Ob  Bc             5:44      TWV 41:a3
6.第17課 小曲 ハ長調 (by Kreising)              Chem           1:22      
7.第17課 ソナタ ヘ長調 (adopted from Stormer)                Vn Bc        9:17      
8.第17課 かペルマスター・バッハ氏による4声のカノン BWV 1074 Fl Bc               1:33     
9.第18課 歌劇「イソップ」からのアリア                  Ten Vn Bc     2:52      TWV 21:26
10.第18課 バーレスク序曲 ニ短調                 Chem       8:52      TWV32:02
11.第19課 ソナタ ハ長調                     Rec  Bc            7:22    
12.第19課 カンタータ「笑ったりふざけたり、すべては私に・・」   Sop   Bc          1:23      TWV 20:15
13.第19課 ディルンスロット氏による4声のカノン                 Fl Chem          0:50      
14.第20課 デュエット ト長調                   Fl  Vn        6:37      TWV 40:111


<Disc5>
1.第21課 組曲 変ロ長調                      Chem           15:22      TWV 32:A3
2.第21課 アリア 「ためらわないで、愛する人よ!」         Sop Fl Vn Lt      4:40      TWV 25:038
3.第21課 3つの主題によるフーガ                       Chem               4:47      
4.第22課 ソナタ・ダ・キエザード ト短調              Vn Gamb Chem5:32      TWV 41:g5
5.第22課 シンフォニー ロ短調                               Fl Gamb Chem  7:24      TWV 41:b2
6.第23課 歌劇「ギエンハルト」からの2声のアリア 「私は・・」    Sop  Vn Bc        4:11      TWV 21:25
7.第24課 ソナタ ト長調                        Vn Bc        11:27      TWV 41:G6
8.第24課 ビツィーリア イ長調 (by Bonporti)                    Vn Chem     1:41     
9.第25課 歌劇「ベルサザール」からのアリア 「あなたに・・・」     Sop Bc              1:26      TWV 21:11
10.第25課 ジーグ イ長調  (by Bonporti)              Vn Chem         1:44  


 このように以上69曲になります。


posted by オンシュガー at 18:33| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

テレマン 忠実な音楽の師から(3)


テレマンの作品の中で「忠実な音楽の師」はその後に出版された「ターフェルムジーク」ほど底抜けに明るくはありません。
そのせいでしょうか、あまり演奏される機会がありません。出版のきっかけが家庭向けの初心者対象の楽譜ということでプロの演奏家からは敬遠されることがあるのかもしれません。

そんな中で、5枚のCDを聞き進めていると、聞きなれたメロディが出てきました。

3枚目のCDの冒頭、第11課の2曲目、「J・V・ゲルナー氏によるパッサカリア」です。
それは以前押売りした「テレマンのアリア」の原曲でした。チェンバロ独奏曲で演奏時間は2分チョットです。

ぜひともこの曲をお聞きいただきたいと探しましたが、U Tubeで見つけることができません。

それで以前使用したU Tubeを再度出すことにします。

           
              クルト・レーデル指揮
              ミュンヘン・プロアルテ管弦楽団

   名曲押売り本舗は → http://azaminoyume.seesaa.net/article/358623422.html

原曲はテレマンの作ではなく、J・V・Goernerであることを初めて知りました。この地味な曲をクルト・レーデルが見事に編曲し、世の中に広めてくれました。




すこしマニアックになってしまいますが、「忠実な音楽の師」全曲をリストアップしてみます。
リストアップの基になっているのはカメラータ・ケルン演奏のCD5枚組です。

<Disc1>
                 曲目 タイトル                 楽器    時間   作品番号
1.第1課 ソナタヘ長調                   Rec Bc        5:51    TWV 41:F2
2.第1課 歌劇「エギンハルト」からアリア「愛については・・」  Sop Vn Bc       2:56     TWV  21:25
3.第1課 パルティータ ト長調                  Chem              7:27     TWV 32:01
4.第1課 ポロネーズ ニ長調                   Pic  Bc             1:18     TWV 41:D4
5.第2課 歌劇「エギンハルト」からのアリア 「あなたの心・・」  Sop  Vn  Bc     5:44      TWV 21:25
6.第2課 リ・ヴェール(冬)                   弦楽合奏        1:02      TWV 41:d1
7.第2課 テレマンのソナチネの最初の小節による対位的変奏     Vn二重奏   0:30      TWV 21:25
8.第3課 序曲 ト長調                       Ob  Bc           12:10      TWV 41:g4
9.第3課 歌劇「サンチョ」からのアリア 「純潔は天上の・・」    Sop Vn Bc     4:08      TWV 21:20
10.第3課 デュエット 変ロ長調                 Rec Bk-Fl   6:53      TWV40:107
11.第4課 歌劇「サンチョ」からのアリア 「あなたが愛する人・・」  Sop Vn Bc        3:23      TWV 21:20
12.第4課 パストラール ニ長調                   Rec  Bc            1:23      TWV 41:D5
13.第4課 ゼレンカ氏による14の回転をもつカノン                Sop Ten Bas     1:35      
14.第5課 カプリッチョ ト長調                 Fl  Bc       3:44      TWV 41:G5
15.第5課 アリア「奥様がた」                      Ten 弦楽合奏   1:33      TWV 25:037
16.第5課 ソナタ ニ長調                    Gamb  Bc         8:17      TWV 41:D6

<Disc2>
1.第6課 歌劇「エギンハルト」からのアリア 「お忘れなさい・・」 Ten 弦楽合奏   1:45      TWV 21:25
2.第6課 アリア ニ長調                     Trum  Bc          0:56      TWV 41:C1
3.第6課 マーチとタットゥー へ長調 ウェーバー隊長のために     Chem              2:41       TWV 35:1
4.第6課 「去りゆく和音へのいくらかの突然の入場」        Chem               0:42
5.第7課 組曲 ニ長調 (by Johann Georg Kreising)                     Chem               8:22
6.第7課 歌劇「サンチョ」からのアリア 「甘い言葉? ・・」   Sop  Vn Bc        4:28     TWV 21:20
7.第7課 お馬鹿さん ホ長調                   弦楽合奏      1:09     TWV 41:E2
8.第8課 パーレスク組曲とメントラーダ ニ長調                  Vn 二重奏    7:37     TWV 40:108
9.第8課 5つの送られてきた解答とフーガ主題                  Vn Chem          5:01
10.第8課 カリヨン                        Rec二重奏        0:59     TWV 40:108
11.第8課 メヌエット                       Hr二重奏      1:08     TWV 40:110
12.第9課 デュエット 変ロ長調                      Vn Va                6:53     TWV 41:B3
13.第9課 アリア「魅力あふれるかの人の甘い追憶を」(Fontaines)     Sop BC              4:18
14.第9課 ファンタジア ニ短調 (by C.J.F.Haltmeier)                    Chem                1:18
15.第9課 小曲 ホ長調                      Rec 弦楽合奏    1:50     TWV 41:E3
16.第10課 歌劇「イソップ」からのアリア「河よりも小川のほうが・」Sop Rec Bc        3:55     TWV 21:26
17.第10課 ナポリ人 ト長調                       Ob 弦楽合奏    1:57     TWV 41:B4
18.第11課 3声のイントロドッチオーネ イ長調             Fl 弦楽合奏    13:06    TWV 42:C1

<Disc3>
1.第11課 J・V・ゲルナー氏によるパッサカリア            Chem                 2:18    TWV 35:A2
2.第11課 ソナタ ヘ長調                      Fg  Bc                10:45   TWV 41:F1
3.第12課 プレスト (by Weiss)                                                     Lt                        5:52
4.第12課 歌劇「エギンハルト」からのアリア 「激怒しないで・・」  Sop  Bc                4:12    TWV 21:25
5.第13課 ジーグ イ短調  (by Pisendel)                                     Vn                       4:32
6.第13課 歌劇「この世はさかさま」からのアリア 「毎朝恋を・・」  Ten Bc                  1:29   TWV 21:23
7.第13課 組曲 ニ長調  (by Baron)                   Lt                       19:41
8.第13課 歌劇「この世はさかさま」からのアリア「Scena」              Sop Bc                  1:50   TWV 21:23
9.第14課 歌劇「イソップ」からの寓話「牡牛さん、お待ち・・」    Ton Bc                  1:31    TWV 21:26
10.第14課 ラ・ポスト 変ロ長調                 Chem                   1:38    TWV 35:2
11.第15課 ソナタ ニ長調                    Gamb         10:18    TWV 40:001


 Disc5と6は次回です。


posted by オンシュガー at 19:35| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

テレマン 忠実な音楽の師から(2)


忠実な音楽の師(原題:DEL GETREUE MUSIC-MEISTER)は一般家庭にも音楽を!と意図され、比較的演奏しやすい曲を集めて楽譜を出版して行きました。

今どきに表題を付けるならば「取っ付きやすい音楽指導書」とか「行列のできる音楽教室」などと言った具合でしょうか。

そんな訳で、チェンバロ独奏曲、リコーダーやフルートソナタ、ソプラノ・テノールと伴奏など、少人数で楽しめる音楽からなっています。



2回目はヴァイオリンの二重奏で、ガリバー組曲として知られている第8課「パーレスク組曲とメントラーダ ニ長調」を押売りです。

           
              演奏時間は約7分半、
                名手アンドリュー・マンゼが弾いています。


楽譜の売り上げは好調で、テレマンはたくさんの収入を得ました。しかし賭け事好きな奥さんのためにかなり苦労させられたようです。



posted by オンシュガー at 09:05| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする