2016年07月30日

立山、五色ヶ原へ。第3日目


五色ヶ原山荘で迎えた朝はガスの中。今日は来た道を戻り、一ノ越から雷鳥沢キャンプ場への予定です。

P7300097.jpg


7月30日(土)      天候  くもり


6:00 五色ヶ原山荘を出発。

     起床は4時半。山荘玄関横の自炊スペースでパンとスープの簡単な朝食。

     山荘のご主人から激励を受けて出発です。それにしても無用となったテント一式の重さが余計
     に肩に食い込む。

P7300049.jpg P7300050.jpg
  五色ヶ原の平原                         見納めの五色ヶ原山荘

    帰り道は花の写真をたくさん撮って行くことにしました。

P7300051.jpg P7300053.jpg
  ハクサンコザクラ

P7300054.jpg P7300055.jpg 
   

P7300056.jpg P7300057.jpg
  クルマユリ                       霧の中に一人たたずむ

P7300059.jpg P7300061.jpg


P7300062.jpg P7300064.jpg
                              濃い色のものもあります。

6:35 ザラ峠へ。 

P7300067.jpg P7300066.jpg


     ここから獅子岳までの登りは大休止ナシで上りなさい!と山荘の主人から忠告されていました。
      
    
P7300072.jpg P7300073.jpg
  一株だけ見つけたシモツケ                  朝露がハクサンフウロに微笑む

P7300076.jpg P7300080.jpg
 じっくりと見るとカワユイ                    ダイモンジソウもありました


P7300077.jpg P7300089.jpg
  ツガザクラと                      アオノツガザクラ


7:50 言いつけを守り、お茶休憩だけで獅子岳にやって来ました。
     ザラ峠から70分です。 よく頑張りました。  ここで大休止。

   薬師方面はガス。この山行き中、一度も薬師岳にはお目にかかれませんでした。
   次は鬼岳東面をめざして出発。

P7300085.jpg
鬼岳手前の小さな雪渓を越え、

P7300087.jpg
鬼岳東面へのガレ場を上がれば、

8:50 鬼岳東面へ。
    ここで夜明けのコーヒーを入れ、また大休止。
    次の目標は浄土山、富山大立山研究所。

    竜王岳の西を巻いて行く登りが待っています。

    激上りの斜面で見つけたのは、

P7300099.jpg P7300096.jpg
  シャクナゲでした。

P7300100.jpg
竜王岳西側のハイマツの斜面

10:00 富山大立山研究所に到着へ。
P7300102.jpg
      地元の小学生42名が学校登山。


       


                みんなでバンザイ →





   
     ここから道を右に取り、一ノ越に向かいます。


     一ノ越への下りでもたくさんの花に出合えました。

P7300105.jpg P7300108.jpg
  トウヤクリンドウ                    クルマユリのお花畑


10:25 一ノ越へ。

P7300110.jpg P7300111.jpg
                              大勢の人です

P7300112.jpg
室堂から続々と人が来ます

11:25 室堂のバスターミナルへ戻って来ました。

P7300113.jpg
今日は土曜日、大勢の人です

   予定していたよりも早く室堂に着くことができました。

   計画では今晩も雷鳥沢でテント泊をして明日の朝下山することにしておりましたが、会長さまと相談
   の結果、このまま家に帰ることになりました。

   
      本日の歩きは 約10.5q。

   美女平からのケーブルカーは稼働しており、バスは美女平まで。
   13:00発の立山駅行きのケーブルカーに乗り下山完了。


   こうして3泊のテント泊の予定が1泊は山小屋泊まりとなり、さらに1日短縮で
   1泊のみのテント泊となりました。

   いろいろハプニング沢山の、楽しい山歩きができた3日間でした。

   

posted by オンシュガー at 22:19| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月29日

立山、五色ヶ原へ。第2日目


五色ヶ原を目ざす第2日目は快晴、無風の朝を迎えました。

P7290035.jpg


7月29日(金)   天候  晴れ〜くもり

メンバー      会長さまと2人

概略ルート
五色ヶ原-1.jpg

五色ヶ原-2.jpg
本日は室堂→浄土山→獅子岳→ザラ峠→五色ヶ原です

P7290013.jpg4:30  起床  
     朝ごはんはパンとスープで簡単に。
     テント撤収、パッキング 



          朝日の当たる奥大日岳 →

          





6:00 出発です。

     P7290015.jpg         
P7290016.jpg


    室堂への鋪道が結構な急坂。写真を撮りに
    来ているカラ荷の人が羨ましい。

    約1時間かかって室堂へ。
    先が思いやられます。

     室堂でゴミを処分。
      (分別回収カゴが設置してあります)


     P7290018.jpg
       7:40 浄土山分岐へ。

          P7290019.jpg
                ガレ場を登る会長さま

       登山道わきにはチングルマ、チシマギキョウの花がいっぱい咲き乱れています。
P7290021.jpg


      浄土山への急坂手前で展望台への道があります。聞けば薬師方面の展望が良いそうなので
      行くことに。
      ところがだんだんガスがかかってきて展望台はガスの中。残念!

9:45 浄土山へ。
      頂上手前の急坂がしんどく、予想外に時間がかかってしまいました。

P7290020.jpg P7290022.jpg
                          富山大立山研究所もガスの中(10:00)     


     ここから登山道は正面に見える竜王岳の西側を巻いて下ります。

     大下りのあとは鬼岳東面への登り。
    
11:10 鬼岳東面へ。

     ここでお昼タイムとします。

P7290024.jpg P7290023.jpg
                               昼食場所から振り返るコルの雪渓


P7290025.jpg
これが次に登る獅子岳(2714m)です

11:30 昼食を終え、あの獅子岳を目指します。


P7290027.jpg P7290028.jpg
  ハシゴ場もあり                       その向こうにはコルに向かう登山道

      コルに向かう水平道あたりからウメバチソウが見られるようになります。
P7290029.jpg


12:20 獅子岳頂上へ。鬼岳東面から50分でした。

P7290031.jpg P7290032.jpg
                        ほかに4パーティが休息中。 後ろ姿は女性二人を案内中のガイドさん 
   
     東側の眼下には黒部湖
        P7290034.jpg 


     そして南は・・・・ お天気が良ければこの方面に五色ヶ原が望めるハズなのですが、
P7290033.jpg
残念、ガスで五色ヶ原も薬師岳も見えません

     次の目標はザラ峠(2349m)。標高差365mの大下りです。

     下降はじめて5分ほど、水平道の左草むらの中にクロユリを見つけました。
P7290036.jpg
見つけたのはここだけ、ほかには見当たりません

      ザラ峠手前のジグザグの下り手前で見つけたのは雷鳥。
P7290039-2.jpg
今回見れたのはここだけ


      ガマンの大下りを終え、ザラ峠へ(13:25)。
P7290040.jpg

P7300071.jpg P7300069.jpg
  ここにはイブキジャコウソウの一群れがありました


     ザラ峠の先にもキビシイ登りが待っていました。
    
P7290042.jpg
約30分の登りで木道へ

      木道を10分ほど進むとキャンプ場への分岐標識があります。
      キャンプ場と五色ヶ原山荘とは約10分ほど離れているとの情報がありましたので、先に
      キャンプ場に荷物を置き、そのあと山荘で手続きをしようとキャンプ場に向かいました。
      5分ほど進んでもキャンプ場が出てきません。案内の表示板もありません。
      不安になり、もとの分岐に戻って山荘に行くことにしました。

14:40 いろいろあってようやく五色ヶ原山荘に到着。
P7290047.jpg


      山荘でキャンプ場の位置を確認すると、我々の引き返し地点のさらに先がキャンプ場でした。
      もうこれからキャンプ場へ戻る元気もなく、素泊まりで宿泊することに。

         本日の歩行距離は約10qでした。

      部屋に落ち着いたあとキャンプ場方面へ散歩。
P7290043.jpg
山荘からの近道を5分ほど下ったところから見るキャンプサイト
山荘〜キャンプ場は15分位かかりそうです。不便な立地はいただけません

      山荘へ戻ると屋外のテーブルで獅子岳でお会いしたガイドさんたち3人が休憩しておられま
      したのでお話しに参加。おいしい本格コーヒーもいただき、交流。

      五色ヶ原山荘名物のお風呂に入ってさっぱりし、夕食。
      夕食は山食初登場の「豚角煮どんぶり」
      サトウのご飯にイオンの豚角煮を汁ごとかけていただきます。なかなか良かった。
      野菜が不足しますので、レタスときゅうりを付け合わせます。


      部屋は6畳。東京からの同世代のご夫婦と4人でした。

      疲れもたまっていて薄暗くなったらすぐに寝つきました。夜中に何度も外をみるのですが、
      ガスばかりで星は全然見れません。

    
    
  
posted by オンシュガー at 22:33| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月28日

立山、五色ヶ原へ。第1日目


P7290011.jpg


深夜に家を出て、舞鶴若狭道の加斗PAで朝食です。ゆっくり走り、9時に富山ICを出ようとしたらハプニング。
ETCの異常ランプ。係員が飛んできて状況調査。入ったICでのETCカード読み込み不良が原因だそうです。初めての経験。

富山ICから立山駅に向かいます。ここでもハプニング。昨日の豪雨で岩峅寺付近が通行止め。県道43号で有峰林道の付け根に出ることになりました。

結局、立山駅の無料駐車場に着いたのは10時過ぎ。ここで夜明けのコーヒーを飲み、装備を整えて出発です。

立山駅まで歩くと、ここで3つ目のハプニング。昨日の雨でケーブルカーが運休です。室堂までは直通のバスを使うことになりました。2010年に来た時は重いザックには超過料金が必要でしたが、今回はそれはありません。バスのトランクルームに納めていただけました。
室堂までのバスの旅は1時間10分ほど。丁度12時に室堂到着。

P7280003.jpg
ターミナル前の広場


 さあ、雷鳥沢まで下ります。

P7280004.jpg P7280006.jpg
歩きにくい石の鋪道を通って               眼下に雷鳥沢のテント場が見えてきました

13:00  
   雷鳥沢のテント場に着きました。 管理事務所で受付を済ませ、テントを張ります。
   まだまだ時間はたっぷりありますので、テント内で昼寝。
   

   5時ころから夕食準備。
   この時期定番の冷やし中華です。
P7280008.jpg
初めて使ってみるシリコン製のザル
小さくたためてコッフェルのすき間に収納出来、重宝しました

P7280009.jpg
出来上がり。荷物を少なくするため皿は持参せず。
トマト、キュウリは麺の下に隠れています


夕暮れの雷鳥沢
P7290010.jpg P7290012.jpg
  だいぶテントも増えてきました                  こちらは奥大日岳

  
  隣では京都の高校山岳部のメンバー15人ほど。うち一つのテントがぺしゃんこです。ポールを部室に
  忘れて来てしまったとか。これを教訓にして、いい指導者に育って欲しいものです。


  真夜中2時ころトイレに起きると、満天の星空。天の川が本当にミルキーウェイに見えます。
  東には冬の星座、すばるが出始めていました。


posted by オンシュガー at 22:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月27日

今晩から北アルプスへ


この夏、最初の遠征は北アルプス。

会長さまのリクエストで立山室堂でのテント泊です。

こんな絶景が見れたらうれしいですが・・・

P7270009.jpg

   でも、無理は禁物。いつでもどこでも引き返す覚悟で!


posted by オンシュガー at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

大通峠からの三室山


2週間ぶりの山歩きは三室山(1358m)です。
夏向きのコースとして大通(おどれ)峠から登ることになりました。

7月23日(土)     天候  はれ

メンバー     山ちゃん、会長さまと3人

概略ルート

三室山.jpg
鳥取、吉川へ抜ける林道を車で駆け上がり、大通峠が今日のスタート地点。
ここから三室山へ。下山は三室高原へのルートです。         


P7230008.jpg
8:40 大通峠をスタート。
     
     車で駆け上がった峠の頂上、ここは標高
     1000mをすこし越えた地点。


     峠から崖をよじ登れば稜線。
     そこにはっきりとした踏み跡がありました。





     歩きはじめて10分。ブナ林が出てくると枝ぶりの良いブナの大木。
P7230009.jpg

     このあたりから稜線はいい雰囲気になってきました。
     吹き渡る風も心地よく、夏向きのルートです。
P7230011.jpg P7230012.jpg

9:15 1132mのピークを越えました。

     北にはくらます(1281m)のどっしりとした山容、その左奥には東山(1388m)。
P7230013.jpg


    振り返ればシダで覆われた斜面がきれいな緑です。
P7230014.jpg


P7230017.jpg
9:45 倒木のオブジェがある平原にやって来ました。

     スノーシューハイクの時はこれがいい目印
     になります。



        P7230018.jpg   
       オブジェの向こうには天児屋山

   頂上手前から、歩いて来たオブジェ平原と大通峠方面を見ます。
    
P7230020.jpg


10:25 三室山頂上に到着。
P7230021.jpg


     頂上には姫路からの単独さんのみ。

     だいぶ早めのお昼タイムです。
     今日は余裕の登山ですのでゆったりと。


     その間に2パーティーが頂上へ。



11:05  下山開始。

       三室高原に向けて。


       一番の難所、クサリ場を下りる会長さま。
P7230023.jpg




      途中から人工林の登山道を下り、



P7230025.jpg P7230026.jpg
  11:50  谷コース分岐へ                12:10  三室高原道路の登山口へ



   三室高原旧活動センターの横を通り、
P7230027.jpg


12:30 デポしておいた旧活動センター駐車場に戻って来ました。

        本日の歩きは約6.7q、爽やかな風が心地よい夏向きのコースです。


      このあと大通峠の車を回収し、峠の日陰で3人だけの反省会。
      美味しいドーナッツをいただきながら来週の遠征計画のハナシなど。

      

posted by オンシュガー at 18:40| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする