2016年05月28日

赤谷山から山品山への縦走です


2週間ぶりの山ちゃんグループの山歩きは戸倉峠から音水への縦走です。

初めに戸倉峠から赤谷山(1216.6m)へ。そこから南へ縦走し、4等三角点奥山を経て山品山(945.6m)に登ります。さらに南へ進んで波賀町音水へ下山するロングコースです。

 5月28日(土)    天候 くもり

 メンバー     山ちゃん、N&nさん、アイさん、会長さまと6人


  概略ルート

赤谷、山品全体.jpg
国道29号から音水渓谷方面に左折し橋を渡ったところに2台の車をデポします。     
そして全員で戸倉峠へ向かい、旧道の旧戸倉トンネル手前の広場に駐車して出発準備を整えます。

  
  
8:10 旧戸倉トンネル前の広場を出発。
     N&nさんとは3月末の白岩山以来。つもる話がいっぱい。

P5280001.jpg P5280002.jpg
                              約20分の旧道歩きで赤谷山登山口に到着。

  赤谷山手前あたりからブナ林が現れ、
P5280003_01.jpg

9:45 赤谷山(三等三角点、点名落折)に到着。
     曇っていて氷ノ山もぼんやり。
P5280004.jpg
ドーナッツなどお菓子をいただき、すぐに出発

      ちょっと戸倉スキー場のルートへ入ってしまい、引き返し、

10:15 波佐利山への分岐
      ここも解かりにくくチョット近回り(?)
     
      なんとか稜線に乗り南へ、南へと進みます。
P5280005.jpg


    ひたすら稜線を南下すること約30分。すると両側に太いブナが現れ始め、ワォーの声。
P5280009.jpg

P5280007.jpg

   
    ブナに混じって太い天然杉もところどころに見れます。


11:35 P1028へ
      ここで会長さまから高らかに「メシ〜」のお声。

P5280010.jpg

     30分ほどのお昼タイムで山品山に向け出発。
     さらに南下、稜線に若いブナ林が出てくると、
P5280011.jpg

       
12:10 山品山稜線に合流

     ここはH13年11月に音水渓谷側から上がって来たところです。

     稜線の右手は新緑の自然林。ここはすばらしいところです。

P5280017.jpg



     サラサドウダンを見つけ、しばしデジカメ状態。

P5280012.jpg

P5280014.jpg


13:00 四等三角点、点名奥山通過。

13:45 山品山に到着。
P5280020.jpg


      右手の自然林を楽しみながら、最後は恒例の激下り。

15:20 無事、音水渓谷入り口の県道に下りました。

     車で戸倉トンネルまで戻り、反省会です。

     アイさんのケーキはイタリアンのシホンケーキ。
P5280021.jpg
バジル、黒コショウ、チーズなど入ってパスタ風味

      今日も美味しく、楽しく健康的な1日でした。

      本日の歩きは約11.7q。しっかり、たっぷりの稜線歩き。迷いやすいところがたくさんあります。
      GPS必携のルートです。






posted by オンシュガー at 21:40| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

けやき古材から切手盆へ


注文いただいていた切手盆が出来ました。

毎月お参りに来てくださるお寺さんへのお礼を出すときの盆を探しておられたそうです。
300年以上前のお寺さんの縁に使われていた古材を使用しました。

P5230002.JPG
大きさは26pX17p


      古材の持つ深い色合いが気に入っています。

    

posted by オンシュガー at 11:00| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

姫路城薪能


約10年ぶりに姫路城薪能へ。

今年で46回目となる薪能、昨年からお城まつりに合わせてこの時期に開催されている。

5時半からの開演に先立ち親子教室の発表会。

P5200009.jpg P5200007.jpg 


平成の大修理を終えた姫路城を借景にした薪能が始まる。
P5200010.jpg


最初の演目、鶴亀と次の狂言、雁礫が終わると火入れ式。

P5200014.jpg

  五つの薪籠に点火されます。
P5200015.jpg P5200016.jpg

      
浮かび上がった姫路城をバックに
P5200017.jpg

最後の演目、土蜘蛛が上演されました。


続きを読む
posted by オンシュガー at 22:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

楽聖ベートーベン 初登場


勝手気ままな名曲押売り本舗ですが、今までベートーベンの作品は一度も登場していません。

ワタクシごとで言いますと学生時代に初めて買ったLPはベートーベンのピアノ協奏曲第5番「皇帝」でした。ピアノはウイルヘルム・ケンプの演奏したものでした。次に買ったのはロマンスヘ長調のEP盤でした。そんなことからするとベートーベンは大好きな作曲家だったのです。

その後、バロックに目覚めてからはベートーベンを聞く機会が少なくなってしまいましたが、それでもやっぱりいいものはいい。青春の思い出がいっぱい詰まっています。


今回の楽聖・ベートーベン、記念すべき最初の押売り品目に選んだのはピアノ協奏曲第3番、第2楽章です。
内田光子の抑えにおさえた演奏をお楽しみ下さい。

             

             この楽章を聞くといつも風と共に去りぬのタラのテーマとダブってしまいます。
              (6分半くらいからのところです)


posted by オンシュガー at 22:32| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

我が家の乾燥ワラビの作り方


先日の山歩きではたくさんの山の恵みをいただいて帰りました。

さっそくワラビは湯がいて、わさび醤油と鰹節をふりかけ夕食に。湯がいたワラビは水につけておけば数日は賞味できます。

  ビューティフルなワラビの湯がき方はコチラ


残ったワラビは水に入れた状態で冷凍保存するのが良いのですが冷凍庫の小さい我が家では保管量に限界があります。
そこでオクさまは乾燥ワラビにして、一年中楽しんでいます。

作り方は簡単。
1. 湯がいたワラビを一晩水につけてあく抜きを完了します。
2. 水をよく切り、大き目のザルに薄く広げ、扇風機の風に当てます。
P5150001_01.jpg
乾燥2時間ほどの様子

3. 扇風機の風量は弱として一晩乾燥させます。
P5160002.jpg
一晩風に当てたワラビ、針金のように細くなります

4. あとは完全に水分を取るため、お天気の良い日に半日ほど日に当てて終了。
5. ポリ袋に入れ、冷蔵庫の隅に保管します。

使うときは30分ほど水で戻し、沸騰した湯で5分。そのままお湯に浸して一晩おけば使えます。
炊き込みごはん、お味噌汁の具などにどうぞ。

 扇風機を使わなくても、お天気さえ良ければ外で日に当てれば1日で針金のようになります。
 扇風機は雨の日でも一晩で針金のようになりますので、我が家ではもっぱら扇風機です。


posted by オンシュガー at 09:10| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする