2016年02月29日

ろうそくの明かりの下で、暗闇の朝課(1)


初めにお断りしておかなければなりませんが、キリスト教徒でもない者の説明ですのでそれなりにご理解ください。

キリスト教の大きな行事に復活祭があります。春分の日のあとの満月が過ぎて初めての週末、ということで今年は3月の末になります。
復活祭前の水曜日、木曜日、金曜日はそれぞれ聖という言葉をつけて特別な祈りを捧げます。
それは13本のろうそくに火を灯し、祈りを捧げながら順番に一本ずつ消して行きます。13本のろうそくはキリストの13人の使徒を表し、最後のろうそくが消されるとまわりは暗闇になります。
この祈りは朝まだ暗いうちに行われますので「暗闇の朝課」と呼ばれています。
そしてそこで奏でられる音楽が「ルソン・ド・テネブレ」と呼ばれ、17世紀のフランスではこの期間に人気歌手たちによって盛んに歌われました。


名曲押売り本舗ではこの暗闇の朝課にまつわる音楽を取り上げて行きます。


初めにろうそくが順に消されるシーンを。
以前にも取り上げた U Tube ですが。
使われている音楽はフランソワ・クープラン作曲の「聖水曜日のための第3ルソン・ド・テネブレ」


             
                映画「めぐり逢う朝」の1シーンです。
                サント・コロンブが亡き妻を回想する場面で使われています。




posted by オンシュガー at 22:57| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

白旗山から獅子見へ縦走


3週間ぶりの山ちゃんグループの山歩きは兵庫50山の白旗山(440m)の稜線歩きです。

2月27日(土)    天候  晴れ 〜 曇り

メンバー    山ちゃん、N&nさん、会長さまと5人

概略ルート
白旗山.jpg
上郡町鞍居から県道449に入り西谷の奥に入ったところが下山地点。ここに1台の車を置き、
         戻って本村地区の広い空き地が今日の出発地点す。                                   



8:55 出発進行。
      
    白幡城登山口の看板があちこちに見受けられますが、山ちゃんは正規登山道は使わないで、稜線に
    取り付こうとします。ところが、鹿よけ柵に阻まれてやむなく正規登山道へ。       
P2270003.JPG


      歴史を感じる古い道を沢沿いに進みます。

9:36 林道終点

P2270004.jpg  P2270005.jpg

      急な登山道を登り稜線に出ればそこが赤松方面からの登山道との合流点(10:00)。

P2270006.jpg

        ここからは稜線の東側を巻いてトラバース道。
        櫛橋丸の標識に従い左に入れば、

10:14 櫛橋丸
P2270007.jpg

       そして10分ほどで二の丸。
P2270008.jpg


10:30 白旗城址のある頂上です。
P2270009.jpg  P2270010.jpg

      年末に登った上郡アルプスなどの展望を楽しんだあとは次の目標、二つ池を目指します。

11:03 約30分でNo.18鉄塔へ。
      予想に反し、大したヤブこぎはありませんでした。
P2270011.jpg

     鉄塔から10分ほど進んだ小ピークでお昼タイムです。
     今日は多くの猟師さんが山に入っていますので会長さまの号令もいつもより控えめ。
     風もなく穏やかな太陽を浴びながら至福のお昼ごはん。姫路名物「御座候」もいただきました。     

11:40 二つ池に向け、出発。

     途中、こんなお地蔵さまが峠にありました。
P2270013.jpg
その昔、西谷と細野を結ぶ峠道だったのでしょう

12:15 大池、小池のある二つ池に到着。
P2270014.jpg

     このあたりはたくさん林道が作られています。
     林道を使って次の三角点、楠山に向かいます。
     途中で右に向かって作業道が出てきました。これを使えば右の池へ下りてショートカットできる
     と考えて右折。
     ところが作業道はすぐに終わり、その先は急斜面。
     やむなく急斜面を戻り返し、元の林道へ、ショートカットは失敗の巻。

     だらだらと林道を進み、

13:10 三等三角点「楠山」へ。ここはスギ林の中、展望ナシ。

      林道に戻り、下山方向を確かめながら行くとこんな山奥に人家があります。
      ここが獅子見のようです。

      荒れた竹藪や杉の植林地を越えると極楽尾根が出てきました。
P2270015.jpg
枯れて倒れた竹もまだ残っています


   
    尾根を外さないように慎重に進み、

14:10 みごと、車をデポしたところに下りてきました。



P2270018.jpg

  
      本村地区に戻り、今日も楽しい反省会。


 歴史の山、白旗城跡から稜線を北に進み、三角点「楠山」に至るマニアックな「山ちゃんルート」の開拓でした。正規登山道はありません。地図、コンパス必携のルートです。

     本日の歩きは 約9Kmでした 。

posted by オンシュガー at 21:10| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

今年もユキワリイチゲが咲きました


カフェの露地に今年もユキワリイチゲが咲いてくれました。
いつもの年より早いようです。

2016_02190001.jpg

2016_02190013.jpg

2016_02190008.jpg

2016_02190011.jpg

2016_02190009.jpg



   露地のあちこちに新しい株が増えています。
   3月にかけてもう少し花がふえそうです。


posted by オンシュガー at 18:22| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

長義山でスノーハイク


先週の駒の尾に引続き千種スキー場近くを徘徊してきました。

今日は長義山(なぎさん)、1106m。宍粟50山の第15番目です。


2月19日(金)    天候  曇り〜晴れ

メンバー     会長さまと二人

概略ルート
長義山.jpg
千種スキー場奥のラドンの水から峰越峠方面へ。長義山からスキー場へと回ります。



9:10 閑散としたラドンの水汲み場を出発。
    
P2190001.jpg  P2190002.jpg
ラドンの水汲み場の駐車場には他の車ナシ                       峰越峠への道路(轍跡はありますが通行止めとなってます)


 9:30 峰越(みねづ)峠手前の長義山登山口
P2190003.jpg
スノーシュー跡はありますが50mほどでUターンしていました


     10分で峰越峠分岐へ。
     急ぐ旅ではありません。ここでゆっくり夜明けのコーヒー。

P2190005.jpg  P2190006.jpg
                                               分岐点近くの斜面、例年ここは白一色のはず。今年はこんな状態。


      休憩を終え、急坂を10分ほど登れば、

10:05  そこが長義山(1106m)

P2190012.jpg  P2190013.jpg


                人工林の中は眺望もなく、写真だけ撮ってスキー場方面へ向かいます。


     次のコルへの下りでは少しだけ尻セード。
P2190015.jpg  P2190014.jpg
                                              雪が少なく、地肌が見えてしまいます

      宍粟50山の看板とピンクテープを頼りに稜線をたどると、

11:00 作業道に出ました。
P2190016.jpg


      作業道を10分ほど進むと左手に「千種スキー場へ」の小さなプレート。
      今日はリフトトップの方へは行かないでここからショートカットします。

11:10 誰もいないゲレンデに出ました。
P2190017.jpg


P2190018.jpg
正面に三室山が。その左は天児屋山でしょうか。


P2190019.jpg
     ゲレンデの端をテクテク歩いて   



     11時にスキー場ハウス。

  
     駐車場には6台のバス。
     神戸の中学校のスキー教室です。
  
     P2190020.jpg


11:10 ラドンの水の駐車場

    このあと近くの東屋でお昼タイム。
   
    2週連続のスノーシューハイクは終了。本日の歩きは約4.5q。丁度2時間の行程でした。

    









posted by オンシュガー at 15:05| Comment(4) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

月面に架かる虹の架け橋



今日は感動の夕べとなりました。

昨年は一度も見ることが出来なかった月面の架け橋が見れたのです。


月齢が9.5日ころの月面に太陽光が当たる加減で「虹の入江」に架け橋のようにユラ山脈が浮かび上がります。

P2180003.JPG
2016年2月18日(木)  19:05 の月面(月齢9.8日)  その左のクレーターがプラトー


毎月、月齢が9日から10日になると必ず月を観察するのですが昨年は雨だったり雲がでていたりで、一度もこの虹の架け橋を見ることができませんでした。


幸いにも今日の夕方は晴れ。
期待した通り、月面の虹の架け橋を見ることが出来ました。

つたない写真ですが、もう少し。

P2180015.jpg
微妙です、19:30頃には影の部分が少なくなってきました。

P2180005.jpg

P2180009.jpg



そして8時半ころになると空は雲が広がりはじめ、すぐにこの架け橋は見れなくなってしまいました。

次は何時の事になるのでしょうか。毎月楽しみに待ちます。





posted by オンシュガー at 22:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする