2015年12月28日

天文研究会の学生さんと交流


天文のウツミ先生の孫弟子にもあたる天文研究会の学生さん8名が広島から姫路に来られました。

あらかじめ先生からお電話をいただいていたので、まったくのヨソものですが末席に参加させていただきました。

この日のために先生はたくさんの天体望遠鏡、双眼鏡を学生さんにプレゼントするために集めておいででした。

この日、天文研究会に寄贈されたものは、

  120o屈折     (経緯台付き)  2台
  200oニュートン式 (赤道儀付き)  1台
  100o双眼鏡 (7倍)         1台
        その他貴重なアイピースなどなど

学生さんにとってはまことにありがたいことです。
また後輩の育成のためこうやって援助されるウツミ先生も偉大な先生です。

学生さんたちはレンタカーで広島から来ていましたので時間の都合でこの日は夜の観測無しで帰られました。


残った先生とワタクシは夕方の星座観察。ペルセウス座のh-カイ二重星団がいつもに増して輝いていました。



posted by オンシュガー at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

バロック的クリスマス賛歌(5)


さて、今シリーズ最終回も美しい曲を押売りしたいと思います。

キリスト生誕には羊飼いの少年が大きな役割を果たし、その時に流れたのが田園曲(パストラール)であったことを述べてきました。
そこで、最終回もパストラールで終わります。

選んだのはヴィヴァルディの「忠実な羊飼い」です。
忠実な羊飼いは6曲からなっていますが第4番の第3楽章がパストラール楽章です。
まことにのどかなこの楽章は聞く人の心を慰めてくれるようです。

ここではオーボエの演奏を選んでみました。

           

         第一楽章    ラルゴ
           第二楽章    アレグロ
           第三楽章    パストラール (およそ5分くらいから始まります)
           第四楽章    アレグロ


 ご存じのようにこの忠実な羊飼いはヴィヴァルディの作曲ではなく、二コラ・シェドヴィルのものであることが判って
 います。シェドヴィルはヴィヴァルディの名声を利用したようです。


 さらに、追加ですがこの曲は2年半ほど前に名曲押売り本舗で紹介しています。
 その時の演奏はソプラノ・リコーダーのものでした。
 ご興味あれば、比較下さい。
              


パストラール楽章を始めに、キリスト誕生に関係したバロック音楽に長らくお付き合いいただきまして、ありがとうございました。

    
posted by オンシュガー at 16:44| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

バロック的クリスマス賛歌(4)


第4回目はバッハの登場です。

もちろんクリスマスオラトリオBWV248から。

バッハの作曲したクリスマスオラトリオは6部からなる大曲です。現在ドイツではクリスマスの定番として各地で演奏会が持たれているようです。つまり、日本での第九のような存在。
内容を少しだけ、
 第一部 「声を挙げてよろこび、その日を讃えよ」
      (ベツレヘムにおけるイエスの生誕)
 第二部 「野にある羊飼いたちが」
      (羊飼いたちへの天使にお告げ)
         ・ 
         ・ 
 と続き、イエスの命名、東方三博士の来訪、博士とマリア・イエスの出合いで全編を終わります。

今回はその第二部の冒頭におかれたシンフォニアを押売りします。

  オーボエ、フルートが活躍するこの楽章は空に舞う天使と地上の羊飼いが次第に歩み寄り、
  ついには一体化してイエスの誕生を象徴する形を表しています。

  ではジョン・エリオット・ガーディナー指揮のイングリッシュ・バロック・ソロイスツの演奏で。


          




明日は再びヴィヴァルディの登場。パストラールで終わりにします。


続きを読む
posted by オンシュガー at 21:37| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

バロック的クリスマス賛歌(3)


ハインリッヒ・イグナーツ・フランツ・フォン・ビーバー(1644-1704)はロザリオのソナタでイエス・キリストと聖母マリアの物語をヴァイオリンソナタにしました。

「ロザリオ・ソナタ」は聖母マリアとイエス・キリストの生涯を、受胎告知からキリストの受難・復活、聖母マリアの戴冠までのストーリーに沿った15の場面を表現したヴァイオリンソナタです。
ビーバーは特徴的な調弦で、これらのソナタを演奏させ、独特の音楽を作りだしました。ほかの誰もまねの出来ない独特な調べをかもし出します。
このロザリオのソナタの第3番がイエスの生誕の場面です。
やはりこの音楽を押売りしなくてはなりません。

         


            演奏はラインハルト・ゲーベル。
         第一楽章  Sonata
                 第二楽章  Courante
         第三楽章  Adagio

posted by オンシュガー at 23:26| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年も忘年登山は七種槍


いよいよ今年も終わりに近づきました。
恒例の忘年登山の頃となり、山ちゃんグループは福崎町の七種槍(577m)で締めることとなりました。


12月23日(水)    天候  くもり

メンバー   山ちゃん、N&nさん、端人、端っ子さん、アイさん、キミ&ユキさんの9人

概略ルート
  野外活動センター → 七種槍 → 小滝林道分岐 → 小滝林道終点(宴会) →
  活動センター(昨年と同じルートです)

8:55 野外活動センター駐車場を出発
     田口湖北の急坂を上がります。


9:25 喘ぎながら稜線へ
PC230002.jpg
たった700m歩いただけです


      これからはこのルートのお楽しみ、岩稜歩き。
PC230003.jpg


PC230005.jpg


PC230006.jpg


PC230004.jpg
展望所から見る田口湖、福崎町方面


11:02 七種槍頂上へ
     活動センターから2時間ちょっとでした。

     今日の天気予報では午後から雨となっています。宴会のこともありますので、すぐに頂上を
     後に。
     小滝林道を目ざします。


11:50 小滝林道分岐
      5分で林道終点の広場へ。

     さあ、今日のメインエベント、大忘年会です。

     楽しい楽しい宴会の様子は「かみかわ登山日和」をご参照下さい。

     ここではタコ焼き、豚なべのスナップのみ。

PC230011.jpg  PC230013.jpg


       ほかにもたくさんのラムの焼き肉も、お腹いっぱいの皆さん。シアワセもいっぱい。
       
       今年も沢山のいい思い出をありがとうございました。
       来年もどうぞよろしく。









posted by オンシュガー at 21:03| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする