2015年05月30日

福井の山、岩籠山


舞鶴若狭道、加斗PAの朝。

P5300005.jpg P5300006.jpg
 カーネルの車は我々だけ                          新しい東屋で朝食を済ませ

国道8号から入った市橋の岩籠山登山口駐車場へ。


5月30日(土)      天候  晴れ

メンバー     会長さまと二人

概略ルート
   市橋登山口 → 稜線出合い → 夕暮山 → 稜線出合い → インデアン平原 → 岩籠山 →
   稜線出合い → 市橋登山口 (ピストン)

岩籠山1.jpg



7:00  登山口駐車場着、ゆっくり準備をして7:30スタート。

P5300008.jpg P5300007.jpg
  駐車場一番乗り                               駐車場の案内看板

   初めの10分ほどは広い林道のような道をすすみます。
     その後細い登山道になり、沢沿いに詰めることになります。

P5300009.jpg P5300010.jpg
  緑いっぱいの登山道                            歩き始めて25分、第一回目の渡渉

   
   何度渡渉するのでしょうか、水の多い時は靴を脱いで渡ることもあるそうです。

P5300011.jpg P5300020.jpg 


P5300013.jpg P5300047.jpg

     
    今はコアジサイが満開、シライトソウもありました。

P5300015.jpg

P5300018.jpg


   滝もたくさんあります。

P5300012.jpg P5300014.jpg

    
      夏向きの木陰の登山道。

P5300023.jpg P5300024.jpg


      沢の上流では沢の中を歩くところもアリ。


9:00  ゆっくり歩いてようやく沢の終点に来ました。
  
    稜線は近いのですが、道は右に大きく回り、

9:24  稜線に出合いました。

P5300025.jpg


      夕暮山へ10分とあるので先ずはそちらへ。

P5300029.jpg P5300030.jpg
  夕暮山反射板のところから見る岩籠山です              四等三角点夕暮山は登山道の中


     また稜線出合いに戻って、次にインデアン平原と岩籠山へ。


10:35  インデアン平原が見えてきました。

P5300031.jpg

P5300033.jpg
お目当てのインデアン平原です

P5300032.jpg

P5300034.jpg
眼下にはこんな不思議な眺めもありました。


    景色を堪能して次に岩籠山へ。
P5300037.jpg


10:55  岩籠山頂上です。


    まだお昼には早いので稜線出合いまで
    戻って、木陰の下でお昼にすることに。








10:20  稜線出合いに到着。

       ゆっくりお昼タイムです。
P5300028.jpg P5300040.jpg

     11:45  下山開始。

P5300042.jpg P5300044.jpg
  上流では細い沢も                              下流では水量が増え


13:05  広い林道まで戻って来ました。

P5300048.jpg P5300049.jpg
                                           林道横に一輪だけササユリが見つかりました


P5300053.jpg
13:20  登山口駐車場に戻って来ました。

      大勢の登山者とすれ違い、
      車も11台あります。



沢歩きと頂上の開放的なインデアン平原が楽しめる
いい山歩きが出来ました。

    本日の歩きは11.5kmでした。



posted by オンシュガー at 21:23| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月29日

またプチ家出


今日、またプチ家出です。

夕方から舞鶴若狭道方面へ向けて出発の予定。
静かなPAでカーネルします。

明日は沢歩きの山へ。頂上の岩がポイントの山です。


posted by オンシュガー at 14:33| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月28日

カフェのヤマアジサイ


もう10年以上になるでしょうか。
いただいた時は10pほどの小さな苗でした。

まだようやく50pほどの背丈。それがおととしから花をつけてくれます。
今年はふた花。いとおしくてしょうがありません。

P5280005.jpg

P5280003.jpg
同じ花です。もう一つはのほうはカメラ目線を向いてくれません。


昨日までは彩りがなかったのですが、今日から紫がでてきました。
これから色の変化が楽しみです。



posted by オンシュガー at 11:11| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月27日

あの日から110年


日露戦争の行方を決定づけることとなった日本海海戦から今日は110年。

いつもこの頃が来ると、あの頃の日本を思わずにはおれない。


世界最強といわれたバルチック艦隊に対峙した「まことに小さな国」の日本海軍。
日本海、対馬沖でかの有名なトーゴー・ターンを始めたのがこの日の午後2時のことであった。

結果はご存じのとおり。

日本海海戦の英雄となった参謀、秋山真之は「戦わずして敵を屈するは善の善たるもの」と言い続けていた。
しかし、日本の軍は結局、その教えを守ることをしなかった。結局、支那事変から太平洋戦争へと突き進んでいく。
秋山は49歳の若さで大正7年に亡くなっているが、もし、秋山が昭和の軍部の暴走を見ていたらどのように叱責したのかと考えてしまう。


何も産業らしい産業を持たなかった明治の日本。日本海海戦の勝利がなければ国全体がどうなっていたのかと背筋が寒くなる。

あの日からもう一世紀以上、ワタクシにとっては近代日本の元旦でもある。

秋山兄弟の活躍は司馬遼太郎「坂の上の雲」に詳しい。
NHKドラマスペシャル「坂の上の雲」をご覧になった方も多いことでしょう。
この記念すべき日に、このドラマの最初のナレーションを思い出すのは如何でしょうか。

               

私たちの今、坂の上の雲はどのように光かがやくのでしょう。


続きを読む
posted by オンシュガー at 08:00| Comment(2) | 木の国から U | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月25日

名曲押売り本舗 ブラームス、弦楽六重奏曲


弦楽器の響きを楽しむ今回のシリーズ、第二弾はブラームスの弦楽六重奏曲の第二楽章です。

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロがそれぞれ2台ずつという変わった編成の音楽ですね。
最初、ヴィオラが奏でる荘重なテーマは次いで第一ヴァイオリンに引き継がれます。
きっとどこかで耳にされたメロディでしょう。
なんとも深い人生観というか、世界観を示しながら、4分ほど進むと展開部に来ます。
展開部の終わりはチェロのピッチカートが合図です。ここで初めてチェロがテーマを静かに弾き、主人公になります。ヴァイオリンがピッチカートで伴奏します。
長く続いた主題と展開部はヴァイオリンの引導を渡すようなメロディで終わりを暗示し、9分の演奏を静かに閉じます。


沢山あるU tubeの中から若いグループの演奏を選んでみました。
   
               



若いころは将来を夢見させてくれ、年を経れば昔を思い出す、いつの年代でも心に響く曲です。


次回はチャイコフスキーへとご案内です。



posted by オンシュガー at 22:21| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする