2020年11月27日

三度目の古法華キャンプ場

午後から古法華キャンプ場へ。
お気に入りのキャンプ場で焚き火台を楽しみます。


まずタープを立てて。

DSCF7548.jpg

DSCF7551.jpg
夕食後焚き火台を楽しみます


    駐車場には30台近くの車、大勢の人が来ていました。


今回はめずらしいテントやタープがたくさん。

その1 DDタープ

DSCF7550.jpg
最近人気だそうです


その2 スノーピークのベンダー一人用


その3 スノーピーク スピアヘッド Pro L
   これは大きい、ゆうに6人はOK  値段も17万円ほど


その4 DoD  ソロ ウォウウォウ  
   6畳用のグランドシートを中に敷いてお使いでした これでソロとの命名だそうです。


その5 luxeoutdoor の メガホーン III
 左側のddタープと組み合わせてのご使用中。 ストーブの煙突が出ているのに注目


      オドロキはミニストーブが中に!
DSCF7562.jpg

      
  今日もいろんな方とのお出合いがありました。



posted by オンシュガー at 23:05| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月26日

カフェの露地にて

今年もあと一か月近くになりました。めぐる季節に時の流れの早さを感じております。

この時期になると露地に白わびすけが咲いてくれます。
開花はまだ数輪だけですが、霜に当たるまでの純白はいつも心洗われます。

IMGP2324.jpg

IMGP2321.jpg



そしてこちらは去年カフェのお客さんから頂いた花磯菊。

IMGP2318.jpg

IMGP2315.jpg

IMGP2326.jpg
「白髪の誉れ」という品種だそうです

    まだ数本だけですが株立ちになると見ごたえがあるそうです。
    せっせと増やしたいと考え中です。



posted by オンシュガー at 10:54| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月25日

「疾走する悲しみ」の音楽 ト短調

モーツアルト作曲の弦楽五重奏曲ト短調の冒頭は重々しく始まります。
若いころの作品からは想像もできないほどの憂鬱を底に秘めながら妖しくも美しい。
それは悲劇的ともいえる晩年のモーツアルトそのものかもしれません。

この曲を評して小林秀雄は「疾走する悲しみ」と表現しました。ト短調という調律が聞く人の心の奥底に響いてくるのです。

まずは、モーツアルト弦楽五重奏曲ト短調、K516の冒頭です。



    モーツアルトの才能の無限さを感じる名曲ですね。 
   アマデウスグループの端正な演奏も見事です。



そして次に紹介するト短調はバッハのゴールドベルグ変奏曲からです。
第25変奏が問題(?)のト短調です。


     バッハの場合は心の中だけで悲しみを疾走させているようです。


     ゴールドベルグ変奏曲を持ちだしたらアリアは必須ですね。

       これはト短調ではありませんがオマケとして。



おしまいはヘンデルの場合を。
選んだト短調は「パッサカリア」です。


    こちらは余程の大きな悲しみのようです。


「疾走する悲しみ」を題材に三者三様の取り上げ方を紹介させていただきました。



posted by オンシュガー at 14:13| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月21日

的場山ともみじ谷の紅葉

たつの市の山、的場山(394m)登山と紅葉で有名な龍野公園に。

11月21日(土)    天候 はれ     メンバー 二人

概略ルート
matoba2011.jpg
龍野公園駐車場からすくね茶屋の谷コースを使い頂上へ、
下山は両見坂コースで紅葉谷へ。聚遠亭にも寄りました。


9:30 龍野公園の駐車場をスタート。

     すくね茶屋奥の登山コースへ。
       入口の標識はありません。沢添いの踏み跡をたどります。

10:20 歩きはじめて50分、的場山頂上に到着。

     今日の一枚。頂上からの瀬戸内海。
DSCF7541.jpg


        お昼にはまだ早いので10分ほど休憩して下山にかかります。

        途中の展望の良い見晴らし台から下は、かなりの急坂。

11:10 鶏籠山との分岐(両見坂)へ。

      もみじ谷の紅葉はもう少し先のよう。
DSCF7542.jpg

      紅葉谷入口付近の日当たりの良いところのモミジは赤いものも。
DSCF7543.jpg

DSCF7545.jpg


     すこし寄り道し、ひさしぶりに聚遠亭に。
DSCF7547.jpg
夜のライトアップの準備でしょう、かがり火台が置いてありました

    
     
11:35 龍野公園駐車場に。

      小春日和の中、2時間ちょっと、約4.6qの散歩でした。



posted by オンシュガー at 16:47| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

徳永兼一郎の音楽

久しぶりの名曲押売りは徳永兼一郎のチェロです。

以前このブログで「徳永兼一郎 最後のコンサート」を取り上げました。

   ここで紹介していた you tube が消去され、見れなくなっていましたが、
        最近また別の方がアップしてくださっております。
     


亡くなってもう24年、月日の経つのは早いものですが you tube にはどなたかが忘れないでアップして下さってます。

そこで今回の名曲押売り本舗では徳永兼一郎が奏でるチェロの音色をお楽しみいただきたい、と取り上げました。





演奏家としては壮年期ともいえる50歳で癌を発症し、5年後に亡くなりました。
最後、3曲目のバッハのアリオーソはいわば彼の白鳥の歌のように聞こえます。

   
posted by オンシュガー at 21:50| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする