2018年06月21日

今度は郵便受けです

昨日に続いて木工作品を。

ふるさとに住む姉が家を新しくしました。
郵便受けを探しているが、いいものが見当たらないとのこと。
我が家で使っている郵便受けが都合いいので写メすると同じデザインで作ってくれ、と。

さっそく製作です。

    ・・・・・・・・・

出来上がりました。

2018_06212017-210001-b.jpg

2018_06212017-210003-b.jpg
大きなものは上から出し入れします


      新聞やA4サイズのダイレクトメールなども入る大きさにしました。
      かんぬきがアクセントです。

      これも注文を受けます。お問い合せはこちらから。 → ✉メール
     
posted by オンシュガー at 07:30| Comment(1) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

2連式トイレットペーパーホルダー

トイレットペーパーホルダーは今まで単独のものを使っていました。
オクさまはペーパーの残りが少なくなると早めに取り換え、取り外した巻の少ないのは窓枠のところに置いています。

最近、2連式のペーパーホルダーをよく見かけますので我が家でもそんなタイプのものに交換すれば、オク様の手間が省けるのでは・・・と考えて残りの愛情で作ってあげる(強調)ことにしました。

出来上がったのは、

DSCF4795.jpg

DSCF4792.jpg


    取り付けて試しているのですが、まことに調子がいいのです。
    上の平たいところに小物や持って入ったスマホなども置けます。


      久しぶりにオホメの言葉をいただきました。
        曰く「こういうのが早く欲しかった」、ですって。


       受注生産もいたします。 (お問い合わせは → ✉メール



posted by オンシュガー at 08:39| Comment(0) | 作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

カキツバタを見に銚子ヶ谷へ

今年は花の時期が例年より早いようなので銚子ヶ谷のカキツバタを見に行って来ました。
銚子ヶ谷は蘇武岳の近くにある兵庫県天然記念物に指定されている湿原です。
 銚子ヶ谷についての香美町パンフレットは → 


6月16日(土)    天候   くもりから晴れ

メンバー   山ちゃん、N&nさん、アイちゃん、H&Iさん、会長さまと8人

ルート
    万場スキー場 → 中の滝 → 大杉山 → 銚子ヶ谷 → 林道 → 大杉山 → 
    あがりこぶな → 万場スキー場
大杉山.jpg


DSCF4750.jpg    
8:40 万場スキー場をスタートすると大型バンが駆け
   上がって来ます。


                    この近くの養蜂業者さん。
                    置いた巣箱の点検でしょうか?
                    ブナの花の蜂蜜が取れ、商品は
                    道の駅にも出しておられるそう。
           

           出発して5分ほどで登山口。
DSCF4751.jpg

DSCF4752.jpg
渡渉して

9:00 中の滝へ。

DSCF4753.jpg DSCF4754.jpg
                                中の滝のすぐ上が巨樹の谷との分岐です。

        稜線は結構な上りが続きますが深緑のブナ林に癒されて、、

DSCF4756-b.jpg DSCF4755.jpg
                            ここにもあがりこぶな

DSCF4758.jpg
八合目付近のブナ林


10:20 大杉山頂上です。

       女性軍の笑顔と今日の大杉
DSCF4763.jpg DSCF4761.jpg

        空模様もだいぶん良くなってきました。北方面の展望を楽しんだあとは
        銚子ヶ谷へ向け、踏み跡の少くない稜線に。

      ここからはNさんに先導してもらいます。

      約30分で今日のお目当て、銚子ヶ谷湿原へ。

DSCF4774.jpg DSCF4775.jpg

DSCF4776.jpg

         たくさんのカキツバタに出合え、みんな大満足。アイちゃんは約20年ぶりの再会
         だそうです。

DSCF4777.jpg
         
              車で来る場合は蘇武林道から。 →

                 この看板から群生地までは
                 徒歩200mほど。





       
       蘇武林道を少し歩いてT字の交差点の
       ところでお昼タイムとしました。
          (11:10-11:45)

       
      昼食後、林道をまた歩いて、大杉山への稜線に近いところで尾根に取り付きます。
      これが距離は短いのですが、キビシイ。

DSCF4778.jpg
自分でルートを探して登る皆さん

12:05 今日2回目の大杉山へ。

      さらにお天気が良くなってきましたのでアイちゃんに山座同定をしてもらいます。
      久美浜あたりの海岸線と依遅ヶ尾山も見れました。

      山座同定のあとは大あがりこぶなへ。

      8合目付近の分岐から左へ。ヤセ尾根に入ります。
    
      激下りのヤセ尾根を下ること約30分。ようやく斜面がゆるやかになると、

DSCF4779.jpg
あがりこぶなは近い


12:50 大あがりこぶなに着きました。

DSCF4784.jpg

DSCF4781.jpg DSCF4782.jpg
 まあ、見てつかあさい!このブナ!                次はいつ来れるか分からないので記念にパチリ

      ここでサクランボや手作りの梅ゼリーなどをいただき、大休止。


13:00 十分にあがりこぶなを堪能したあとは万場スキー場に向けて帰ります。

      ここからの道ははっきりしません。渡渉、崩れかけた杣道などを40分ほど下り、
      万場スキー場の車道に出ました。
      スキー場の中を歩いて、

14:05 無事、駐車したスキー場下部に着きました。

      反省会のお楽しみは、

DSCF4785.jpg
手作りロールケーキ2種

         久しぶりの大人数の反省会で笑いとお話が尽きません。
         おかげさまで今日も楽しい山歩きとなりました。
             (今日の歩行距離は約7.5q)

          


posted by オンシュガー at 22:00| Comment(3) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

仙谷からの氷ノ山 2018

この時期の定番、仙谷からの氷ノ山登山です。
皆さんご都合が悪く、今日の土曜日登山はN&nさんと4人だけ、梅雨空を吹き飛ばし楽しく歩きましょう。
頂上での焼きスズコが楽しみです。


6月9日(土)      天候   曇りときどき晴れ

メンバー     N&nさん、会長さまと4人

ルート  仙谷登山口 → 氷ノ山 → 三の丸 → リフトトップ → ワサビ谷 → 登山口
      (恒例コースでルート図省略)


2018_06092017-210002.jpg    
8:45 準備をして出発。
     登山口で登山届を記入し、
     仙谷に入ります。









     いつ来ても仙谷はすばらしい。

2018_06092017-210003.jpg 2018_06092017-210004.jpg  

2018_06092017-210005.jpg


      マイペースで歩き、10:40 氷ノ越えからのルートと出合います。

2018_06092017-210006.jpg

2018_06092017-210008.jpg
甑岩も緑に覆われて・・

11:05 氷ノ山頂上到着。

2018_06092017-210011.jpg

     あまり日差しも強くないので外で昼食。食事のあと、取って来たスズコを焼いて、
             マヨネーズを付けて食べます。周りの人たちにもおすそ分け。喜んでいただきました。

     11:50 スズコパーティを終えて下山開始。

     三の丸への道でもスズコ採りをしながら


12:55 三の丸へ。

2018_06092017-210012.jpg 2018_06092017-210015.jpg
 冷たいゼリーをいただき、                     ガスの氷ノ山ともお別れし

        若桜氷ノ山スキー場への道に入ります。


13:55 リフトトップに到着。

2018_06092017-210016.jpg

2018_06092017-210017.jpg
急階段を下りてワサビ谷への遊歩道に入りました

2018_06092017-210020.jpg

2018_06092017-210019.jpg
もののけ姫の世界です

    このあとスキー場に出て、15:10 駐車地に戻りました。


      梅雨入り後の土曜日登山、その1は氷ノ山でした。深緑の仙谷コース、ワサビ谷を
      楽しみ、この時期の山の恵みをいただく約9qの山歩きとなりました。
      ご一緒いただきましたN&nさんに感謝です。
   

posted by オンシュガー at 23:00| Comment(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

バッハのアダージョ BWV 564

ひさしぶりの名曲押売り本舗です。
本日お送りするのはチェロ用に編曲されたバッハのアダージョです。

少し憂いを漂わせる静かなメロディは数あるバッハの名曲の中でも十指の中に入るものでしょう。一般受けしないで今日まで来ているのは「G線上のアリア」などといったニックネームがないからだと思います。

原曲の解説などはさておき、まずはダニール・シャフランの静かな中にも迫力ある演奏をお聞きください。

               

      ダニール・シャフランは以前「ダニール・シャフランの芸術」として紹介しました
      ロシア生まれのチェリストです。


さて、このアダージョですが原曲は「トッカータ、アダージョとフーガ」というオルガン曲です。バッハがまだ30才になる前の作品ですが、バッハは年齢に関係なく堂々とした音楽を作っていたのですね。

ここまで来たのですから(?)原曲を聞いてみましょうか。
オルガン演奏での足鍵盤の状況が判るものを選んでみました。トッカータが約7分、アダージョ部分が約4分、フーガが約5分ほどです。

               

       いや〜、オルガニストは手も足も使わなくてはならず大変ですね。
おしまい
posted by オンシュガー at 16:30| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする