2020年02月18日

オウバイと伊予わびしん

小さな花ですが咲くとそこだけがパッと明るくなる、オウバイ(黄梅)。

IMGP2198.jpg

IMGP2195.jpg

IMGP2200.jpg



こちらは伊予わびしんです。

IMGP2206.jpg

IMGP2205.jpg


        大きいものでも花の直径は3cmほど。

        一緒に活けたワビスケの有楽(太郎冠者)と比べてみました。

2020_02182017-210001-B.JPG


     わが家の春の妖精たちです。


posted by オンシュガー at 15:13| Comment(2) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月15日

日本の叙情ふたたび アンドレ・ナヴァラ

フランスのチェリスト アンドレ・ナヴァラが演奏する日本抒情歌集をだいぶん前に押し売りしました。

ところが You Tube の配信が停止されていて見ることが出来なくなっていました。
それが別のところで You Tube にアップされているのを最近知りましたので、再度押売りです。


          
             英語による曲の題名と時間の案内には誤りがあります

             正しくは
              1. 宵待草
              2. 浜辺の歌
              3. 出船
              4. この道
              5. さくらさくら
              6. 赤とんぼ
              7. 荒城の月
              8. 城ヶ島の雨
              9. ふるさと
              10. 浜千鳥
              11. 夏の思い出
              12. 叱られて
              13. 砂山 




  以前の記事「日本人のこころ以上、アンドレ・ナバラ」は
       → http://azaminoyume.seesaa.net/article/376361038.html





posted by オンシュガー at 08:34| Comment(0) | 名曲押売り本舗 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

笠松山と善防山

加西市にある兵庫50山の笠松山(244m)と善防山(251m)に登って来ました。
下山後にお楽しみも。


2月14日(金)    天候 くもり   メンバー 二人

概略ルート
笠松善防山.jpg
古法華自然公園駐車場から古法華寺→笠松山→善防山→駐車場へ


9:05 古法華駐車場をスタート。
2020_02142017-210002.jpg

      修理されたばかりの急斜面の自動車道を上がり、吊り橋の下を通過。

2020_02142017-210003.jpg

      古法華寺から岩道を笠松山展望台を目指します。

2020_02142017-210004.jpg 2020_02142017-210005.jpg
 お寺から10分ほど上がると笠松山展望台が大きく      9:35 吊り橋からの登山道と合流


9:45 笠松山頂上です。
     歩きはじめてから40分で頂上展望台へ。
2020_02142017-210007.jpg
今日はあまり展望はよくありません、5分ほどで下山

      吊り橋ルートに入り、頂上から30分ほどで吊り橋が見える岩山の頂上に来ました。
2020_02142017-210011.jpg
ここでコーヒータイム(10:25-10:35)

       ここから磨崖仏が見えます。
2020_02142017-210012.jpg 2020_02142017-210013.jpg
 中央の上の岩に彫ってあります              ズームすると・・・

        吊り橋へはチェーンをつかんで、
2020_02142017-210014.jpg

       揺れる吊り橋を渡って、つぎは善防山です。

11:00 善防山頂上に到着。

2020_02142017-210015.jpg
先行者は香住からの男性一人


        善防山頂上へは13年ぶり、その時はもっと立木が多くて展望がよくありませんでし
        た。 現在は360°の展望、案内表示板も沢山設置してあります。

        ここでオクサマのザックから出てきたのは、
2020_02142017-210017.jpg
いただきものの大きなキンカン。半割りにして種が
取り出してあります。こうすると食べやすい・・

       5分ほどで下山開始。 登ってきた登山道を戻り、

11:30 吊り橋上り口へ。

2020_02142017-210018.jpg 2020_02142017-210019.jpg
                             吊り橋を見上げるとこんな感じです

11:35 駐車場に戻って来ました。

      本日の歩きは4.6q、約2時間半のお手軽登山でした。


お昼前に下山したのにはワケがあります。
北条鉄道はりま下里駅近くにある評判の焼肉店に行って来ました。

こちらが注文した大皿定食と上バラ定食。
2020_02142017-210021.jpg
 コスパは◎  大ぜいのお客さんで賑わっていました。

   山登りとグルメを楽しんだ一日となりました。






                   
  

posted by オンシュガー at 18:41| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月13日

春の妖精 咲き始め ユキワリイチゲ

カフェの露地にあるユキワリイチゲの開花が始まりました。

まだ花開く、、とまでは行きませんがうれしい季節の到来です。

2020_02132017-210002-b.jpg

2020_02132017-210003-b.jpg

2020_02132017-210001-b.jpg


   しっかり開いたユキワリイチゲを次は投稿します。
   今日は予告編。



posted by オンシュガー at 15:08| Comment(0) | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月08日

駒の尾でスノーシューハイク

2020年初のスノーシューは駒の尾山(1280m)でした。


2月8日(土)    天候 小雪    メンバー 二人

概略ルート

駒の尾20.jpg
千種スキー場手前の登山口から夏道をピストンです


9:15 登山口付近の積雪は10cmほど、初めからスノーシューを付け歩きはじめます。

2020_02082017-210001.jpg

      スノーシューが無くても大丈夫な程度の雪道ですが、背負うよりも良いかと
      足に付けて歩きます。

      なだらかなトラバース道を進むこと約1時間、鋭角に戻るスイッチバック地点に到着。
      ここで鋭角に曲がり、
2020_02082017-210002.jpg

       このあとはジグザグに高度を稼ぎます。

10:35 大海里峠へ。

2020_02082017-210003.jpg
周りはガス 展望はありません


       急坂を登り、11:00 1211mピークへ。

       11:15 駒の尾避難小屋へ。

11:20 駒の尾山 山頂です。

2020_02082017-210007.jpg
雪はこの程度です。

       すぐに避難小屋に戻り、昼食。
                   ( 〜 11:45 )

12:10 大海里峠に戻って来ました。

      ここで単独さんとすれ違い。今日の登山者は3人だけのようです。

      快調に下山、登山口手前の丸太橋へ

2020_02082017-210011.jpg


13:10 登山口の駐車場に戻りました。

     往復で約6.6q、4時間ほどのお手軽スノーシューハイクが楽しめました。
     駒の尾のこのコースは初スノーシューにもってこいの山です。


posted by オンシュガー at 19:05| Comment(2) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする